• HOME
  • 記事
  • まとめ
  • 【謹賀新年】2021年は”自分らしく輝く”年。オススメ記事をCEOの独断でまとめました

【謹賀新年】2021年は”自分らしく輝く”年。オススメ記事をCEOの独断でまとめました

まとめ

ビタミンは、生きるために必要な栄養素。『Vitamin Day』では、毎日を頑張る素敵な女性にとって「心のビタミン」になるような、前向きでパワー溢れる男性を紹介しています!

新年、明けましておめでとうございます!Vitamin Day CEOです。2020年8月にスタートしたVitaminDayですが、 これまでたくさんの夢を追いかけて頑張る男性を紹介させていただいました!出演してくださった男性のみなさま、一緒に応援してくださった読者のみなさまには、心から感謝申し上げます。

誰かの「ひたむきに頑張る姿」は、誰かの元気の”源”になる

私たちが紹介する男性は、個性を武器に”自分らしく”活躍されている方ばかりです。そこには、困難から逃げずに立ち向かい続けたからこそ得られた「気づき」があり、それが磨かれて多くの人を魅了する”個性”になるのだと思います。そんな素敵な個性に触れた時、その人を応援したい気持ちと一緒に、「自分も頑張ろう!」と元気が湧いてくるはずです。また、自分らしさを磨くために努力している人の言葉からは、自分らしく活躍できるヒントがたくさん存在します。

昨今の社会で起きている様々な出来事は、私たちの生活を大きく変えようとしています。どんな状況でも”自分らしく輝く”こと。それが、これからの時代を生きていく上で、大切になってくるのではないでしょうか?

VitaminDayは、自分らしく頑張っている人をフォーカスすることで、前向きでポジティブな気持ちの連鎖が多くの人の幸せをつくることを目指しています。そんな想いを込めながら、今年初の記事では2020年の振り返りと一緒に、新しい年に向けてぜひ読んでほしい記事をまとめてみました!2021年も、みなさんの幸せをつくるビタミンになれますように。

癒しの箏王子【大川 義秋さん】から学ぶ、人を魅了する個性の作り方

大川義秋

VitaminDay初めてのライブレポート企画は、2020年9月に開催された大川 義秋さんのコンサート「箏男kotomen × 北村姉妹プログラム〜中秋の名月の調べ〜」でした。しかも、当日は大川さんのお取り計らいで、開演前に取材をさせていただけることに…!(本当にありがとうございます!)楽屋で出迎えてくださった大川さんは本当に爽やかな好青年で、ファンの方々から「癒しの王子様」と親しまれているのがよく理解できました。

大川さんが箏と出会ったのは、東日本大震災で住んでいた福島県双葉町を離れて関東に避難したことがきっかけだったそう。数々の賞を受賞したり、多くの人を魅了する大川さんですが、その裏側には「誰かの支えになる、元気を出してもらえるような演奏をしたい」という想いと並々ならぬ努力があるのです。

大川義秋

演奏だけではなくプロデュースの才能も光る大川さん。『箏男/kotomen(コトメン)』という言葉を作り、そこから派生して、SNSでのファンとの交流の場を『コトメンの森(=ファンの皆さんと過ごせる癒しの世界の場所)』と名付けたり、箏と芽をかけ『kotome(コトメ)』というファンの名称を作ったりと、みんなで楽しめるアイディアを発揮しています。

他にも、衣装やYouTubeの演出をご自身で手掛けたり、得意なイラストを活かしてグッズを展開したりSNSでの塗り絵企画を展開したりと、個性を上手に活かして、たくさんの人を楽しませる工夫をされているのです。ぜひ大川さんの取り組みから、人を魅了する個性を作るヒントを見つけてくださいね!

大川さんの紹介記事はこちら

大川さんのコンサートレポはこちら

大川さんのYouTubeチャンネルはこちら

 

“おかねのおにいさん”【林 道徳さん】に学ぶ、目標を達成する行動力

VitaminDayでは紹介記事の他に、CEOや編集長YUIとの対談でより深い魅力をお届けする『対談企画』を行っています。記念すべき第一回目に登場してくださったのが、「おかねのおにいさん」としてご自身のYouTubeチャンネルで株やお金について分かりやすく解説している林 道徳さんでした。

「大切なお金の話をみんなにとってわかりやすく伝えられる存在になりたい」との想いで活動されている林さん。そのきっかけになったのは、「お金に困らなければ、選ぶことができた選択」を経験したという、ご自身の原体験があるんです。そんな経験をバネに慶應義塾大学に進学して、卒業後は野村證券株式会社に入社。そして30歳になった節目に起業して、ご自身の会社を設立されました。

林さんとの対談で印象的だったのは、林さんが語る言葉ひとつひとつにバイタリティを感じるし、とても説得力があること。着実に目標を達成してきた自信が、対談での受け答えにも垣間見えました。しかも、現状に満足することなく、常に高みを目指してストイックに挑戦されているんです。その前向きな姿勢に、私自身とても刺激を受けました。

常に目標を掲げチャレンジし続けるのは、簡単なことではありません。それでも持ち前のバイタリティと行動力で切り開いていく林さんの姿は、多くの人に勇気を与えてくれるのではないかと思います。何か頑張りたいことがある方、一歩踏み出す勇気が欲しい方には、ぜひ読んでいただきたい記事です!

林さんの紹介記事はこちら

林さんの対談記事(前編)はこちら

林さんの対談記事(後半)はこちら

おかねのおにいさんYouTubeチャンネルはこちら

 

メイク男子【岡山 幸樹さん】に学ぶ、等身大の自分の受け入れ方

『対談企画』の第二回目に登場してくださったのが、モデルやタレント、朝日放送『おはよう朝日です』のリポーターなどマルチに活躍するメイク男子の岡山 幸樹さん。実はこのVitaminDayを始める前に、ネクストブレイクしそうな男性をInstagramで紹介していたのですが、岡山さんはその頃から密かに注目していた方でした。

大学3年生で周囲が就活を始めた頃、本格的に芸能界で挑戦していくことを決めたという岡山さん。当時は、何かコネや仕事があったわけではなく、「とにかくやる!」と決意だけは固かったそうです。ところが現実は厳しく、「下積み時代にこんな仕事しかできない」という仕事すらもできてない、完全な挫折を経験したとのことでした。

今でこそ、メイク男子やはんなり男子など、独特のキャラクターを活かしてマルチに活躍している岡山さんですが、そんな岡山さんの魅力をあえて一つだけ紹介するとしたら、「逆境すらも自分の”強み”に変えてしまうこと」ではないかと思います。

芸能界に挑戦しても、全く上手くいかなかった岡山さん。しかし諦めることなく、背伸びをすることもなく、今の自分にできることを着実にこなすことを心がけていたそうです。ちなみにメイクも、コンプレックスだった自分の顔に自信をつける手段として初めたのがきっかけだとか。そんな、等身大の自分を受け入れ、地道でも実績と信頼を積み上げて「強み」に変えてしまう岡山さんの姿には、自分らしさを武器にする多くの気づきが得られると思います。記事を通して、そんなヒントを見つけていただければ嬉しいです。

岡山さんの紹介記事はこちら

岡山さんの対談記事(前半)はこちち

岡山さんの対談記事(後半)はこちち

VitaminDayで紹介する男性は、外見はもちろん内面もカッコイイ方ばかりです。それは自分から逃げずに、想いを持って努力している方だから。私たちが紹介するのは、外見が良いイケメンではなく、彼らの”人柄”や”想い”です。2021年もたくさんの魅力をお届けできるように頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!

shiori_vitaminday

VitaminDay CEO SHIORI.

ピックアップ記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。