推しを恋愛対象として見るのはアリなのか?リアコ・ガチ恋が推しと仲良くなる、付き合う方法!

推しと仲良くなる・付き合う方法
コラム

『推し活』をしていると、リアルに推しに恋をしてしまい恋愛感情として推しを見てしまうことがあります。
「あわよくば付き合いたい」「推しの大切な存在になりたい」…など気持ちは様々。

私は、銀魂の土方さんと26歳で出会って30歳手前で結婚したいと夢を見ていた時期もあります…。
アイドルや俳優などだけではなく、私のように二次元で会えない存在でも「好きな推しの彼女になりたい」という感情を持ったことのある人は多いのではないでしょうか?

そんなオタクの目標をちょっと後押しできるような、推しと仲良くなれる・付き合える方法をご紹介!

推しと付き合いたいと思うのは気持ちが悪いの?

私は、二次元とは付き合いたいと恋愛感情を持ってしまうタイプですが、実際に推しと付き合いたい、結婚したいと思う人はどれだけいるのか調べてみると面白い調査を発見!

推しと結婚したい?

出展:PRタイム「推しと結婚相手は別、75%以上が「結婚したいとは思っていない」」

世の中では、24%の人が推しと結婚したいと思っていることが発覚。

やはり、好きなところがあるから応援したいと思った推しと、あわよくば恋愛に発展させたいと思うオタクは一定数います。
最近では、東海オンエアのてつやさんが学生時代からずっと推しだった元AKB48の峯岸みなみさんと結婚したことで『推し婚』も話題となりましたよね。

私は、推しに迷惑をかけなければ、推しへの感情が「推しとファンの関係として応援したい」「友達くらい仲良くなりたい」「恋愛感情で好き」など自由で良いと思います。
近頃では、YouTuberや生配信者などだと私たちとの距離も近く、恋愛に発展する可能性も多くあるんじゃないかなと思いますし…!

推しとファンの距離間が大事

現実問題、推しと付き合いたいと思っても、推しのジャンルや事務所の影響力などで、仲良くなれる・付き合える可能性は変わってきます。
だって、まだ駆け出しのアイドルやYouTuberだとイベントやSNSで繋がれる確率はありますが、大きなドームでライブをするようなアイドルだと認知されることすら難しい場合も…。
推しの芸能人レベルはどれくらいなのかチェックしておきましょう!

✔️芸能人レベル1
フロアがほどよく埋まるくらいにはファンがいる地下アイドル
登録者数が1万人以下のYouTuber
メジャーデビューはしていないor事務所の所属がない
小劇場の劇団員

✔️芸能人レベル2
メディア露出は専門誌のみ
ライブで汗が飛んできそうな距離までは頑張れば会いに行ける

✔️芸能人レベル3
ドラマや映画で主役に抜擢されている
有名雑誌の表紙を飾る
ドームでライブツアーやコンサートを開催する
「転んだ」などの小ネタでもYahoo!ニュースに取り上げられる

✔️芸能人レベル4
出演は映画が中心
海外の映画などの仕事が多い
一般的な認知度も高いが、バラエティ番組などのメディア露出がほぼない

推しと仲良くなる・付き合う方法

まずは、推しに認知されることが必要となります。そのためにどんな方法があるか考えてみました。

テレビ業界へ就職する

テレビに出演する推しの場合、AD(アシスタントディレクター)・音声・照明として、テレビ局や制作会社に就職して、推しと仕事をしてまずは認知される方法があります。

仕事の移動中に雑談をしたり、打ち上げでスタッフと演者の関係として話をしたり…色んな一面が知れる楽しさがありますね。

テレビ業界は厳しい業界だと聞くので、推しと出会える以外に、テレビが好きなどといった理由がないと中々乗り越えられないかもしれません。

ただし、恋愛としての好意を向けてしまうと、仕事に影響が出る恐れがあるので、好意を伝えるタイミングには注意しましょう。

SNS(X,Instagramなど)のDMで繋がる

テレビでも芸人さんが、ファンの方のDMにお返事を返して…という話はよく聞きますよね。
実際に、かまいたちの山内さんは、猫繋がりでDMを送って今の奥さんと結婚されたエピソードがあるくらい、SNSの力は偉大です。

配信者、芸人などは、置きチケシステムのためにDMを解放して、ファンの方と連絡を取ることが多々あります。
いきなりDMで「好きです!」と連絡を取ると引かれますが、「チケット取っておいてください。○○の日に行きます」「この前のライブめっちゃ良かったです」などラフな会話から、認知してもらうことは可能です。

推しがくるお店で働く・行きつけになる

推しがよく行くと言われるお店を調べて、バイトとして働くか行きつけになるのも一つの方法です。

また、芸能人御用達と言われるお店に行くと、業界人と知り合い、その人脈で推しと出会える可能性が高まることもあるかもしれません。
ただ、推しもプライベートな時間です。邪魔をして嫌われないように注意してください。

「見かけたらいつでも声かけてね!」と明言している推しならタイミングを伺ってこっそり声をかけましょう。
これは、一歩間違えるとストーカーとして認知される可能性が高いです。

あくまでも「推しの聖地巡り」として楽しむ方法かも…。

プロ彼女に必要な条件

推しと仲良くなる、付き合う、結婚するためには、自分以外の推しにバレてはいけないですし、ファンを裏切ってはいけないという相当の覚悟が必要になります。

昨今では、芸能人と付き合うレベルに見合った彼女を『プロ彼女』と言います。

実際、ファン目線で考えると推しが付き合う女性は「匂わせをしない」「推しの仕事の邪魔をしない」人であってほしいですよね。

プロ彼女になるためには、どんな覚悟が必要なんでしょうか…?

推しに一途なこと

とにかく推しのことを1番に想っている気持ちが大切です。
複数推し(=たくさんの推しを持つこと)も、とても素敵なことですが、自分が付き合いたいと思っている推しに、複数推しはバレないようにしてください。「好きって言っていたのに、他の人も好きなんだ」と残念に思われてしまうかもしれません。

推しの好みであること

推しも人間。自分の好みの人と付き合いたいはずです。
推しの好みをリサーチして、推しの理想の女の子に近づいてみましょう。
黒髪ロングが好きと言っていたら頑張って髪を伸ばして美しい髪を保つ努力をする。
ショートパンツが好きと言っていたら、普段脚を出す格好はしていなくても挑戦してみるなど。

人間は自分の好みの人はつい目で追いがちです。「可愛いな」とキュンとしてもらえるかもしれません。

口が固い人であること

推しと付き合えるようになっても、プライベートを他人に漏らしてしまってはいけません
芸能人の関係者となると楽しいこと嬉しいことがあっても秘密にしておかなければなりません
推しと恋仲になりたい人は、普段からSNSでも頻繁にあれこれ呟かないように訓練してみるのも良いかもしれません。

メンタルが強い人であること

推しと恋仲関係がバレるとファンの間などで嫌がらせなどを受けるかもしれません。
そのようなことはなくとも、厳しい芸能界を生き抜く推しを支えるには、メンタルの強さも相当必要です。
自分自身、メンタルの強さに不安がある人はメンタルを鍛えるトレーニングをしましょう。

推しの理解者になれること

推しとの恋仲関係は基本的に隠さなければなりませんし、ファンへの愛情表現に嫉妬したとしても、恋人だからといって「やめて」とは言えないでしょう。
芸能人という特殊な仕事だからこそ、恋人でもさまざまな我慢を強いられることがあるかもしれません。
しかし「推しの仕事を支えるんだ」と理解ができ、支えられるようになれば、もしかしたら結婚という幸せな未来も待っているかもしれません!

推される側の意見とは?

推される側の男性のリアルな意見が聞けるのはVitaminDayだけ!?

今回はアノ大人気TikTokerに「リアコについてどう思うか」を聞いてみました!

大人気TikToker しんぐんさん

猫にアフレコした動画が大人気のフォロワー80万人越えのTikTokerのしんぐんさんにインタビュー。

編集部
編集部
ファンにときめいたことはありますか?
しんぐん
しんぐん

普段とは違うスタイルの配信をするなど、いわゆる僕が何かに挑戦をしているときに、コメントなどをくれて盛り上げてくれるファンにはときめきますね!

編集部
編集部
推しとファンが恋仲になることってアリだと思いますか?
しんぐん
しんぐん

なんだかんだ人間同士なので、全然アリだと思います!

素敵な回答、ありがとうございました!

ファンと推しとの関係とはいえ、やはり人間同士。
お互いの内面を知り、相性が良ければ好意に変わることはありそうですね。

まとめ|普通の恋愛と同じで1%でも可能性があるなら努力してほしい

推しも人間。
普通の恋愛と同じで、必ずしも好意が実とは限りませんが、出会い方によっては恋愛に発展することもあると思います。

100%夢が叶うと断言することはできませんが、推しと恋人になる可能性は0%といったことはないはず。

1%でも可能性があって、推しと付き合いたいという方は、その運命の日に向けて常に自分の外見と内面を磨き続ける時間を楽しむだけでも、毎日が充実しそうですよね。

VitaminDay編集部

780,270 views

推し活は "心のビタミン" 。『推し』として夢に向かって頑張る男性や、その男性を応援する素敵な女性の推し活ライフに役立つ情報を発信しています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。