• HOME
  • 記事
  • ソーシャル
  • 【石川 有生さん】「会いに行くキリスト教会」牧仕!何を人生の真ん中に置いて生きるのか。虚しさを越えて、与えられた答えとは?(後編)

【石川 有生さん】「会いに行くキリスト教会」牧仕!何を人生の真ん中に置いて生きるのか。虚しさを越えて、与えられた答えとは?(後編)

ソーシャル

ビタミンは、生きるために必要な栄養素。『Vitamin Day』では、毎日を頑張る素敵な女性にとって「心のビタミン」になるような、前向きでパワー溢れる男性を紹介しています!

今回は、以前ご紹介して反響が大きかった「ともみん」こと石川 有生さんの活動をさらに深掘りする企画!前編では、牧仕として活動を始めるまでの人生を振り返りながら、大きな変化を与えたイエス・キリストとの出会いについてご紹介しました。後編では、現在の活動と今後の展望、そして企画中のイベントについて深くお話を伺います!

石川 有生さんの紹介記事はコチラ

対談企画(前編)はコチラ

イエス・キリストを伝え続ける原動力とは

ー「人に会いに行く」という生き方をされていますが、「イエス・キリストを伝えたい」という原動力は一体どこからくるのでしょうか?
実は、心からずっと離れない聖書の言葉があります。聖書の中で、使徒パウロがローマにいるクリスチャンに充てて書いた手紙があるのですが、その手紙の中でこのように書いてあります。

ー「わたし自身、兄弟たち、つまり肉による同胞のためならば、キリストから離され、神から見捨てられた者となってもよいとさえ思っています。(ローマの信徒への手紙9:3)」

使徒パウロという人は、「自分の同胞が救われる為であれば、自分の救いすらいらない」と言った人です。僕がイエスさまを伝えられるのは、イエスさまによって救われた喜びがあるからだと思っていました。でも、パウロは、この喜びすら投げ出して、自分の同胞であるユダヤ人の救いを願い、イエスさまを伝えようとしました。その姿に衝撃を受けました。

だから僕も、イエスさまが希望だと思うので、日本で生まれた者として同じ日本人にイエスさまのことを伝えたいです。かつての僕がそうだったように、今悩み苦しんでいる人にイエスさまのことを伝えたいです。

今まで、うつ病になったりしたけど、その間でさえこの聖書の言葉が不思議と心から離れませんでした。今もなお、この言葉は自分自身を駆り立てています。

ー「他の人が救われる為なら、自分の救いすら要らない」と言ったパウロの情熱。そしてこの生き方が、ともみんさんの心を燃やし続けているのですね。

ー『会いに行く教会』の活動は3年目に入ったのですね!今後の展望について教えていただけますか?
ここまで続けられたこと自体がすごいなと思っています。続けたからこそ出会えた人がいました。だから一つ心にある思いは「この活動を続けていくこと」です。

そして今では多くの人たちが、様々な形でこの活動を応援してくださっています。だからもはやこれは、ひとりでしている活動じゃないんだなと思いました。僕はただ、会いに行くだけなのですが、その「行く」ということの中に、多くの人の想いを背負って行っています。だから、いつも感謝を持って、丁寧に会いに行き続けたいです。

もうひとつの願いは、同じような活動をする人がもっと増えることです。イエスさまや聖書について、知りたいと思っている人が大勢いるということは事実です。僕は、寝食忘れるくらい一生懸命やって、1年で500人くらいの人に会いに行きました。僕ができる限界がせいぜいこれくらいです。

でも、同じような活動をする人がいれば、もっと多くの人にイエスさまのことを伝えることができます。だからこの活動を面白いなと思ってくれたら、この活動を真似してもらって、再現性のあるものになれば良いなと思っています。

ー10月から『会いに行く牧師』の活動が始まりましたが、これはまさに「会いに行く教会」を誰でもできる形にしたものですよね。
はい!これは僕の友人がBASE立ち上げたサービスです。このサービスを多くの方に認知してもらって、利用してもらえることを願っています!

“1時間1000円で牧師をレンタルできる”
『会いに行く牧師』サイトはこちら

12月25日17時スタート!7時間連続LIVE配信!『ともみんとクリスマスライブ配信』

ーともみんさんは、SNSでの企画も精力的にされていますよね!12月25日にもイベントがあるとお見かけしたのですが…
はい!その日はYouTubeで7時間連続のLIVE配信をします。12月25日は、イエス・キリストが誕生したことをお祝いする日です。本当であれば人と集まって楽しくお祝いしたいのですが、コロナ禍ということもあり、オンラインで配信をすることにしました。

外出が難しくてお家で過ごしている人が多いと思うのですが、そんな人が見てくださってほっこりする時間になれば良いなと思っています。あとは、ひとりでも多くの人にイエスさまについて知ってもらう機会になったら良いなという、聖なる下心を持っております。

『ともみんとクリスマスライブ配信』はコチラ

ー7時間連続とはすごいですね!
ひとりでやるのは大変なので、各1時間ずつゲストに来てもらいます。

ーどんな方がゲストに来られるんですか?
先ほど会いに行く牧師について触れましたが、昔の某番組のタイトルを文字って『8時だヨ!会いに行く牧師全員集合』ということで、『会いに行く牧師』に参加している牧師で、出られる方に来てもらおうと企画しています。

あとは、シンガーソングライターの友達2人に出演してもらって、歌ってもらったりなんかも企画中です!

ー今回の配信の見所は何ですか?
「7時間も人は喋り続けられるのか」という点が見所ですね(笑)あとは、今回のYouTubeのLIVE配信は、コメントもリアルタイムで配信するので、僕と見てくださった方の相互交流ができるのがポイントです。訳あってひとりで過ごしている人や家族は仕事だけど自分は時間がある人、たまたま僕を見つけてくださった人など、どなたでもコメントくださったらなと思います。

ーともみんさんのことを初めて知った方も、コメントしてくれたら良いですね!
はい!「クリスマスとハロウィンの違いは」とかね、質問してくださったら答える準備はできてます! 荒らす目的で来られると僕は辛いんですけど……(笑)愛あるコメントお待ちしております!


誰かの励ましになる生き方、そんな生き方の人を応援したい!

最後に全く違う質問をしたいのですが、もし、宝くじで大当たりしたら、ともみんさんは何に使いますか? 年末ジャンボも近いことですし……(笑)
いきなりですね(笑)考えたこともなかったのですが……とにかくいろんな方に、会いに行くと思います!

あとは、出会った方の活動をサポートしたいですね。僕も活動を支援してもらって、「支援を通して相互の関係がすごく深まる」ということを感じました。僕も少額ですが、クラウドファンディングや、寄附をしたことがあります。そうすると、自分もすごく思い入れが湧くし、相手もすごく感謝してくれて、関係が深まっていくのを体験しました。

ーなるほど!支援することで、相手の方はもちろんですが自分自身も喜びがあるのですね。ともみんさんが「支援したい」と感じる活動ってどんな活動でしょうか?
その活動自体も尊いものであるのと同時に、活動するその人の生き方そのものが、誰かの励ましになっている時に、すごく応援したくなります!活動内容が、自分の為を超えて誰かに寄り添うものであったり、誰かの励ましになるものであれば応援したい!すごく尊い活動なのに、うまくいっていないことがあればなおさらです。

例えば、発信活動がうまくいっていなくて誰にも知られていなかったり、経済的に大変で身を削ってバイトしながら活動をしていたり……。「バイトしている時間にその尊い活動をしてよ」って思ってしまいます。全力でやっている姿を見ると、心がグラグラ動かされて、応援したくなりますね!

ー全力を尽くす生き方というのは、人の心を打ちますね!最後に、見てくれた人にひとことお願いします。
最後まで見てくださってありがとうございます。『会いに行く教会』という活動をしているので、会いに来てほしいということがあれば、気兼ねなく連絡して下さればと思います。出会った人が、イエスさまにあって祝福されることを願っております。

人生の真ん中にイエス・キリストを置きながら、一人の聖書の人物の生き方や、思わず応援したくなる全力を尽くす生き方によって、ともみんさんの心はいつも燃やされているのを感じました!これからの活動も応援しています!素敵なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!

インタビュー・文・撮影 FUSAKO

石川 有生さんの記事はコチラ
紹介記事:https://vitamin-day.com/1112/
対談記事:(前編)https://vitamin-day.com/1492/
(後編)https://vitamin-day.com/1509/

石川 有生さんのSNSはコチラ
Instagram https://instagram.com/phy.tomo8?r=nametag
Twitter https://mobile.twitter.com/tmjghc
ブログ https://ainiiku-church.com/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCThUbjxg0vi1tZXIgoFe3IQ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。