ジャニーズのコンサート・ステージの呼び方とは?舞台用語も詳しく解説【保存版】

ジャニオタ ステージ 呼び方 アイキャッチ
ジャニオタ

舞台やステージには専門的な用語も多く、オタク同士の会話についていけないことも…。
今さらどんな意味なのか聞けないことありませんか?

界隈によっては同じ用語でも意味が全く違うこともあります。
今回は、現役ジャニオタでもあるVitaminDayライターYURIが基本のステージ用語・舞台用語についてまとめてみました。

ジャニーズのステージ呼び方

メインステージ 通称メンステ。
正面の1番大きいステージのこと。
センターステージ 通称センステ。
会場の中央にあるステージのこと。
バックステージ 通称バクステ・Bステ。
会場後方のステージのこと。
ムービングステージ 通称ムビステ。
アクリル板でできた可動式のステージのこと。
※考案は嵐の松本 潤さんと言われている
花道 メインステージ、センターステージ、バックステージをつなぐ縦の道のこと。
ジャニーズのコンサートではアリーナ席のステージが「田の字」に組まれていることが多いです。
外周 ステージの周りをつなぐ外側の道のこと。
スタンド席 会場にもともと設置されている席のこと。
※横浜アリーナの場合のみ、スタンド席のことを「アリーナ席」と呼びます。
アリーナ席 もともと席がない1階席に設置された席のこと。
だいたいパイプ椅子です。
※横浜アリーナの場合のみ、アリーナ席のことを「センター席」と呼びます。
上手 観客側から見て右側。
下手 観客側から見て左側。
アリトロ アリーナ席の通路をトロッコで通ること。
スタトロ スタンド席の通路をトロッコで通ること。
スタンド席でも、スタトロがある場合はファンサが期待できます!
ゴンドラ 天井から吊されている舞台のこと。
お立ち台 座席近くの通路に置かれる台。
その台に立って歌ったりファンサをしてもらえる。
リフター アイドルが乗って上下に昇降するステージのこと。
ポップアップ アイドルが飛び上がって出てくるための装置。

ジャニーズのライブ会場は大きく分けると3種類

ドームツアーとアリーナツアーの違いってなに?
それぞれの会場はどれくらいのキャパなのか気になりませんか!?
ジャニーズのライブに使われる会場の規模は3種類あるので、それぞれ紹介します。

ドーム(収容人数:40000~55000人)

5大ドームと言われているのは、東京ドーム、京セラドーム、バンテリンドームナゴヤ、福岡PayPayドーム、札幌ドーム
ちなみにキスマイは西武ドームの公演があります。
アリーナツアーよりドームツアーの方が当たりやすいと言われていますが、人気グループはドームでも落選祭りですよね…。
近さではアリーナツアーの方が断然近いのですが、ドームは演出がとにかく凄いのでそこも楽しめるポイントかと考えています。

アリーナ(収容人数:7000~20000人)

代々木第一体育館、横浜アリーナ、大阪城ホール、ワールド記念ホール、サンドーム福井、グランメッセ熊本など、各地の主要都市に会場があります。
ドームに比べ、アリーナツアーはステージとの距離が近いので、ファンサがもらえる確率も高いかと!
双眼鏡がなくても見える距離なので嬉しいです。
その分倍率はとても高いですね。

ホール(収容人数:1000~5000人)

東京ガーデンシアター、パシフィコ横浜、ナゴヤセンチュリーホール、福岡サンパレス、仙台サンプラザなどがあります。
とにかく近いのがホールツアー。
会場が狭い分、特殊効果(スモークや炎)の演出は抑えめですが、、歌やダンスをしっかりと見ることが出来ます。
ホールクラスの会場は全国各地にあるので、近くの会場に来てくれたら地方民としては嬉しいですよね。

ジャニーズの代表的な舞台5選

ジャニーズにはコンサートだけでなく、一度は見ておきたい舞台がたくさんあります。
長い間続いている代表的な舞台を紹介します!

・Endless SHOCK

KinKi Kidsの堂本光一くんが演出・脚本を手がけている舞台。
若者たちがブロードウェイでの成功を夢見て挫折を乗り越え羽ばたく姿を描いている作品。
「チケットを取るのが最も難しい舞台」と言われています。
私も何度か落選…未だに行ったことがありません。

・DREAM BOYS

ボクシングを題材とした舞台。
主人公と、元チャンプの友情を描いた作品。
テーマは「少年達の夢と挫折・友情」です。
キャストの変更や、ストーリーの変化もあるので、それぞれ違いも楽しめます。
2023年は、Snow Manの渡辺翔太くん・SixTONESの森本慎太郎くんが出演。

・ジャニーズアイランド

歌やダンスだけでなく、マジックやフライングなどの演出もあります。
「地球の尊さ」や「子ども達の無限の可能性」をテーマとしています。
タイトルを変えながら毎年上演してるのですが、2016年12月に「ジャニーズワールド」から「ジャニーズアイランド」に変更されました。

・ジャニーズ伝説

A.B.C-Zが主演を務める舞台。
初代ジャニーズの実話をもとに作られたミュージカル作品です。
2020年には映画化もされました。
2023年は12月をもってグループを脱退する河合郁人くんの最後の舞台になります。

・滝沢歌舞伎

和に特化したエンターテイメントショーです。
ダンス・歌・殺陣アクション・フライング・和太鼓などのショーと、時代劇のような演技もあります。
演出していた滝沢秀明さんがジャニーズ事務所を離れ、Snow Manが演出を受け継いでいましたが、2023年春に滝沢歌舞伎は終了しました。

舞台用語

キャス変 キャスト変更。
担当しているキャストが変更になること。
日替わり 日によってキャストや内容が変わること。
初日 公演の最初の日。
中日 長期公演の真ん中に当たる日。
千秋楽 公演の最終日。
前楽 千秋楽のひとつ前の公演のこと。
マチネ 昼公演。
ソワレ 夜公演。
1日2公演の場合「マチソワ」と略すこともあります。
幕間 一幕が終わって、次の一幕が始まるまでの間。
ホワイエ 劇場の入り口から観客席までの空間。
全通 全ての公演を観劇すること。
多ステ 多くのステージを観劇すること。
通路席 通路側の席。
ドセン ど真ん中の席。
影アナ 舞台には出ず、音声だけでアナウンスすること。
暗転 場面転換などのために照明を暗くすること。
明転 照明が明るいまま場面転換すること。
板付き 幕が開いたときに役者が既に舞台上にいること。
客降り 上演中に舞台からキャストが客席まで降りてくること。
へそ ステージ全体の真ん中。
セリ 舞台に開いている四角い穴のこと。
人物や建物を登場させたり、引っ込めたりします。
「回り舞台」のこと。
舞台中央を丸く切り抜き回転させることで、舞台転換が早く出来ます。
花道 舞台上から客席まで延びている通路のこと。
オケピ オーケストラピットの略。
舞台と客席の間に設けられているオーケストラの演奏部分。
0番 舞台の真ん中の立ち位置のこと。
主演がよく立つ位置なので、0番=主演という言い回しの意味もあります。
カテコ カーテンコールの略。
演目が終わり幕が下りたあと、出演者が観客の拍手に答えるため再び舞台に出てくること。
スタオベ スタンディングオベーションの略。
カテコのとき、観客が立ち上がって拍手をすること。
アフト・アフイベ アフタートーク、アフターイベントの略。
終演後に出演者などを招き行われるトークショーやイベントのこと。
お見送り 出口付近で出演者の方々が送り出してくれること。

バックステージの意味には違いがある!

「バクステ」の呼び方で知られているバックステージですが、ジャニーズ界隈と他界隈では意味合いが少し変わってきます。
それぞれの意味を紹介しますね。

ジャニーズ

ジャニーズのバクステといえば、ステージの会場後方のステージのことを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
上記でも説明したように、ライブ会場でメインステージ以外に会場後方に設置されたステージのことです。
例:「バクステ最前の席に入れた!」

2.5次元などその他舞台

2.5次元や俳優の舞台では、バクステは舞台裏や楽屋を意味しています。
映像としての収録は公演前の楽屋での様子や、公演中の舞台袖でのキャストたちの様子が多いですね。
例:「特典バクステの満足感やばい!」

ライブ・舞台の参戦前に読んで欲しい記事

全力でライブを楽しむため持ち物をチェック

ライブ・舞台前には忘れ物がないようにしっかりと準備しましょう!

双眼鏡はオタクにとっての必須アイテムですよね。

うちわの準備ならこの記事をチェック

可愛いうちわを作って、今年は絶対ファンサもらうぞ!

遠征するならホテルを事前予約!

年末に向けて現場が増えてきました!
遠征するときは、早めの宿泊予約がオススメです。
推し活が出来るホテルもあるので、ホテルに居る時間も楽しめるはずです!
私は地方民なので、会場近くのホテルを予約することが多いです。


まとめ

ジャニーズのステージ用語と、舞台用語についてご紹介しました。
耳にしたことはあるけど、意味が分からない用語も多いですよね。

非ジャニオタのお友達に「バクステドセンの席を当てたいんだ〜!」と話したら、全く意味が通じなかった経験があります。
用語をマスターして、さらに楽しく推し活しちゃいましょう!

YURI

39,345 views

推し活を広めたい主婦。推しがいることで、家事育児の平坦な毎日から脱出。幼少期からのジャニーズ好き。病めるときも悲しみのときも、彼らを見れば笑顔になれます。い...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。