• HOME
  • 記事
  • 推し活
  • 【現役アイドル直接回答】推しに認知される方法!これであなたも推しに覚えられる!

【現役アイドル直接回答】推しに認知される方法!これであなたも推しに覚えられる!

推し活

ビタミンは、生きるために必要な栄養素。『Vitamin Day』では、毎日を頑張る素敵な女性にとって「心のビタミン」になるように、素敵な男性を推す皆さんの推し活を応援!

推し活は、あなたの心のビタミン。
『Vitamin Day』では、そんな推し活における疑問や不安を少しだけ解消し、より楽しくなる推し活情報を、推し活で人生変わった限界オタクのゆめみぃが発信します!

今回は推しに認知される方法を現役アイドルが伝授!?ファンはどうすれば認知されるのか、現役アイドルにリアルな声を聞いてみました!

推しに気に入られたら認知?VitaminDay編集部と現役アイドルが、推しに認知されたい人、認知してほしいけど方法がわからない人に向けて、話し方のコツや話すネタを紹介していこうと思います。
現役アイドルによる”推し目線”の意見が聞けるのはここだけ!

もうずっと推しているのになかなか認知してもらえないあなたも、ぜひ参考にしてくださいね!

推し認知とは?

”推し認知”とは、自分が応援しているアイドルやタレント、いわゆる「推し」から覚えられることです。数多くいるファンの中から”一個人として”認識されるのです。
顔と名前を見ただけで、「あ!○○さん!今日も来てくれたんですね!」と親しげに交流できたり、「このファンの方は〇〇な方ですよね」とパーソナルな部分まで覚えられたりすることもあります。
一方的に見ていた大好きな人が自分を見て認識してくれるなんて、ファンにとってはこれほどまでに嬉しいことはありません。また推しに認知されているファンは、他のファンから尊敬されることもあります。
推しに認知してもらって、あなたもつよつよオタクになりましょう!

推しのアイドルに認知してもらう方法

イベントに参加する

まずは、現場に通って顔を覚えてもらいましょう。
何度も通っていたら「あの子、見たことあるかも」と推しの記憶に残るかもしれません。
1度や2度ではなく、根気強く通うことをおすすめします。
ただ、推しのイベントに通うペースはお財布事情はもちろん、スケジュール的にも体力的にも無理のない範囲内にしましょう。
食費生活費を切り詰める、仕事や勉強に悪い影響が出てしまうような、自分の人生を犠牲にしてまでの推し活は推奨できません。
推しも活動を通してファンを笑顔にさせたいと思っているはずです。ファンがしんどくなるほど負担をかけることは望んでいません。

イベントの現場で目立つ

とにかく目立つと視認されやすくなります。
・目立つ服装&目立つうちわでライブやイベントに参加する
・面白いカンペうちわを準備する
・推しの派手な痛バを作る
と、会場で視覚的に目立ってみましょう。もちろんマナーやモラルを大事にする心は忘れないでください!
各々の運営によって禁止されている項目が違うので、自分が参戦するイベントの注意事項は必ず読みましょう。

現場での持ち物や髪型を毎回統一する

何かしら自分のトレードマークを作りましょう。
覚えてもらいたいなら同じような色使いや系統、髪型で行くことも大切です。
また、応援うちわ&ボードも覚えてもらうまではその1つを毎回使うのがおすすめ。

また変化球として地元銘菓のお土産の紙袋を毎回持っていくのはどうでしょうか。接触イベントのときに地元銘菓の紙袋を指されながら「この地元銘菓の紙袋は〇〇さん!?」と覚えてもらっている子を見かけたことがあります。羨ましいですね!自分の地元もアピールできるので一石二鳥です。
関東近郊在住の方でも、『東京ばな奈』という手もあります。
なぜかいつも『東京ばな奈』を持っている子、というのも面白いですね。

・Amairy Balloon でオーダーメイドバルーンを送る



 Amairy Balloon では推し活でも活躍するオーダーメイドバルーンを展開しています。
推しカラーと入れる文字を選ぶ置き型オーダーバルーンーから、1からデザインするプランも。
推しのイベントやライブを祝う置き型バルーンギフトや、ちょっとしたプレゼントとしてバルーンブーケなどいかがでしょうか。

ぜひAmairy Balloonで、推し本人不在の誕生会を映えさせましょう!

オーダーメイドの推し活バルーン、推し活グッズの購入【Amairy(エメイリー)】

印象に残る会話を心がける

握手会やサイン会などの交流イベントや接触イベントでは、推しと直接お話できるチャンスです。
印象的な会話ができれば、それだけ推しに認知されやすくなります。
短い時間でどれだけ推しの気を引くことができるか、「おもしれー女」と思ってもらえるかが肝です。(少女漫画でイケメンが主人公に言う王道セリフですね。)
他のファンとは一味違う話題を出すことを考えてみてくださいね。
また推しが「褒めてほしいだろうな」というポイントを伝えるのもオススメです。
普段から推しがどんなところを頑張っているか注意深く見ておきましょう。

全てのSNSで同じアイコン・名前を統一させる

推しのSNS投稿に、ファンとしてリプライやコメントをするとき自分の「名前」と「アイコン」が表示されますよね。
これは自分をアピールする絶好の機会です。
1番目に入るアイコンはこだわりましょう。
覚えやすい「名前」にすることもポイントです。また、1度決めたアイコンと名前の変更はできるだけ控えましょう。
そしてTwitter・Instagram・YouTube・OPENREC等、全てのSNS媒体で「名前・アイコン」統一するとさらに覚えてもらいやすくなります。

SNSで気合の入ったコメントを付ける

推しには積極的にコメントを送るようにしましょう。
また、推しが投稿した直後にコメントを送るのがおすすめです。
大勢のファンの子達がコメントを送る前に、推しの投稿は通知設定にしておいて、投稿されたらすぐにコメントをしちゃいましょう!
しかし、コメント内容が普通のものでは読まれずにスルーされる可能性があります。
推しへの愛を伝えるなどエネルギッシュな内容にすることをオススメします。
文字制限いっぱいの書き込みをしましょう。絵文字を使うのもオススメです。
またコメントの中にクスッと笑えるネタを混ぜると、印象に残りやすいです。

推し活のイベント現場レポもしっかり投稿

ファンの自分自身の投稿内容も大切です。
イベントに参加した感想などは、確実に呟くようにしましょう。
2ショット写真や画像があれば、タグ付けして呟きましょう。
そうすれば、推しがエゴサーチをしたとき「このアカウント、あの人か!」と認知されるきっかけになるかもしれません。

twitterで推しを褒めるツイートをエアリプで行う

エアリプとは・・・リプする内容をあえてリプライという形を取らずに独り言のツイートのように呟くことです。
ここでは、「推し宛の内容をあえて推しのアカウントにリプせず、独り言のツイートのように呟くこと」を指します。

推しが、自分の名前や作品名でエゴサーチしたときのことを狙い、あえてこのかたちをとります。
「こんなにも普段から自分のことを褒めてくれているんだ! 」と、ときめいてくれるかもしれません。
また推しの細かい変化を褒めると、「細かいところまで見てくれている」と更なる好印象を与えます。

ファンレターやプレゼントを贈る

ライブやイベント、テレビ番組などの感想、そして推しへの熱い想いを文字制限なしにぶつけることができます。
また、ちょっとだけ自分自身のプライベートなことも書いて、自分がどんな人かを伝えることも可能です。
ファンレターの内容は推しからもらったファンサを書くと、「あのときのファンサの子か!」と思い出すきっかけにもなるので、何かエピソードを持っている子は必ず書くようにしましょう。
もちろん、毎回名前を添えることも忘れずに。便箋の統一や、プリクラを入れるとさらに覚えてもらいやすくなります。
プレゼントは高価なものであればあるほど覚えてもらいやすくなるかもしれませんが、無理をしてはいけません。
お手頃なものでも変わり種なプレゼントやクスッと笑えるものだとインパクトを残せます。
例えば「文房具と同じパッケージのハンドクリーム」は、見た目も面白くお手頃なのでおすすめです!

推しの好みに近づく

自分の好みの人って、つい目で追ってしまうことがありますよね。
推しも人間なのでそういう面もあると思います。
テレビや雑誌などでの発言を元に、推しの好みに近づいてみてから現場に参戦するのもアリかもしれません!

推し認知を目指すなかで心がけること

モラルやマナーを欠いたことはしない

推しに認知されようとして焦り、失礼なことをして逆に煙たがられては意味がありません。
特によく見かけるのは「リプを催促」「コメントをスルーされたと怒る」「心配してもらうための発言を連発する」という、いわゆる”かまってちゃん”のような状態になってしまう人です。
「認知されたい」ではなく、「自分のことだけを見て欲しい」「恋人になってほしい」というようなリアコ全開の態度は、推しがホストではない限りあまり好ましくないです。
それどころか、推しだけでなく周りのファンからも目を付けられ、トラブルの原因になるかもしれません。
推しとファンという距離感をわきまえられているか、一度確認しましょう。
「推しに愛される推し活」とはどんなものかを芸能・知財分野に詳しい弁護士が丁寧に解説している推し活の指南書も発売されています。

「推しが喜ぶだろうな」と思うことをする

推しから認知されるために忘れてはいけないのが、推しが喜ぶことをすることです。自分がしたいことではありません。
推しを褒める際も、「ここを褒められたら推しは嬉しいのでは?」という点を狙うことをおすすめします。
また、写真OKの現場では推しの写真をかわいく撮ったり、何かの記念で推しのイラストを描いたりすることも喜ばれます。そのときも推しが好きなテイストを意識することがコツです。「推しの好みはなんだろう」と常に考え、提示して様子を伺う。
まさに心理戦ですね。

焦らずに根気よく行う

ファンを認知するまでに時間がかかる推しもいます。
名前と顔の一致、そしてパーソナルな情報までとなると、そう簡単にはいきません。
ファンは焦らず根気よく応援し続ける必要があります。
どれくらい認知されるような行動ができるか、そしてなかなか認知をされなくても、推し変や推し増しをせずに一途でいる気持ちが重要になってきます。

ここまでファン側の視点で解説しました。次からは視点を変えて、アイドルの立場から解説します。

実際に推しの男の子に聞いてみました

VitaminDayでは芸能活動を行うさまざまな男の子を紹介しています。
今回「どんなファンを認知したいか?」「どんなきっかけで認知するか?」などを聞いてみました。

現役アイドル/稲見悠寿さん(アイドル)の場合

現在 Dance&Vocal ユニット「Mikazuki」でピンク担当として活躍する稲見悠寿さんです!俳優、モデル、ダンス、ボーカルをこなす、多才なイケメンです!

編集部:「どんなファンを認知したいですか?」

稲見さん:「本気で推してくれて認知して欲しいと伝わる子です!」

編集部:「どんなきっかけでファンを認知しますか?」

稲見さん:「例えばファンレターに、ファンの人が普段使っている香水とかを付けてくれるといいですね。そのファンの子が現場等に会いに来てくれたとき『あれ、この匂い知ってる。あのファンレターのだ!』と、ピンときて印象に残ると思います」

所属しているグループ『Mikazuki』を、さらにパワーアップさせるために一生懸命な悠寿さんの想いを知ることができます。

現役アイドル/MARCOさん(アイドル)の場合

メンズアイドルグループ「戦国抵抗軍」でビジュアル担当MARCO(まるこ)さん!身長190cmという抜群のスタイルを活かしてモデルとしても活躍されています。

編集部:「どんなファンを認知したいですか?」

MARCOさん:「ライブを一緒に楽しんでくれて、チェキなどで一緒にお話できる方は覚えちゃいますね。でも、自分のことを1番に推してくれる方を認知したいという気持ちです」

編集部:「どんなきっかけで認知しますか?」
MARCOさん:「ライブで緑のサイリウム(自分のメンバーカラー)を振ってくれた後、物販でチェキを撮ってくれた方はとても印象に残ります。
また、イベント終了後にTwitterでリプを送ってくれたら、絶対に忘れませんね。
それから、月に一度グループとしてラジオ番組に出させていただいているのですが、その公開収録にわざわざ来てくれた方がいたときはびっくりしました。本当に応援してくれてるのだなと思い、嬉しかったです。」

「戦国抵抗軍」TikTok公式アカウントでは「メン地下アイドルあるある」というメン地下界隈の推し活あるあるシリーズも投稿されています!

アーティスト/まろぴあのさんの場合

音大ピアノ科首席、 TikTokフォロワー3万7000人突破の大人気ピアニストのまろぴあのさんです。SNSではJ-POPからクラシックまで幅広いピアノ演奏の動画を公開しています!

編集部:「どんなファンを認知したいですか?」

まろぴあのさん:「SNSで投稿したりライブ配信するといつもアクション(コメントやいいね)してくれる方、そして各種SNSフォローしてくれている方です!」

編集部:「どんなきっかけファンを認知しますか?」

まろぴあのさん:「いつもライブ配信に来てくれる子は自然と覚えてしまいますね。
特に、ライブ配信等でコメントくれる時のIDが適当な英語の羅列ではなく、呼ばれたい名前(例:@marokun、@marochan)のようになっていると名前を呼びやすく、より早く覚えちゃいますね!」

TikTokではライブ配信もされていますので、ぜひまろぴあのさんの音色を聞きながらコメントしてみてくださいね。

みなさんありがとうございました!推し側の意見もさまざまですね。
推しが存在する数だけ認知の数もあるということでしょうか。

まとめ

本記事では、推しに認知される方法を紹介していきました。
根気強く、現場に通ったり、推しが喜ぶ行動を予測し、覚えてもらうようにアクションをいくつも起こす…と、努力を重ねれば認知をもらえるかもしれません!
「認知される」ことだけを目的にしてしまい、推し活が義務のようになるとプレッシャーになってしまうともったいないと思います。「一生懸命、推し続けたら覚えられてしまった」くらいのゆるい気持ちで推し活を楽しむことを推奨します!

コメントでは
★あなたの推しの認知された瞬間
★あなたの推しの認知をしてくれないことへの愚痴
★そこまでして推しに認知されたい奴の気がしれない理由

など、なんでも募集しています!

著者:ゆめみぃ
元8年間ニートの限界オタク系ライター。
推しの沼にハマり、推し活費を稼ぐために社会復帰できた。
毎日、推しの生配信やライブ遠征のことで頭がいっぱい。
推しと推し活の素晴らしさを世に広めるため活動中。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

公式LINE