【萩原 雅之さん】プロサッカー選手から一転し、日本の伝統工芸の魅力を伝える現役大学生!異例の経歴に迫りました!

ビジネス

ビタミンは、生きるために必要な栄養素。『Vitamin Day』では、毎日を頑張る素敵な女性にとって「心のビタミン」になるような、前向きでパワー溢れる男性を紹介しています!

今回ご紹介するのは、プロサッカー選手から一転し、全国のものづくりの現場を回りながら日本の伝統工芸の魅力を発信している萩原雅之さん!Vitamin DayのMAYUが萩原雅之さんの魅力をお伝えします!

お名前(ふりがな):萩原 雅之(はぎわら まさゆき)
ニックネーム:まさ
生年月日:1997年8月29日
血液型:AB型
出身地:名古屋県
現在のお住まい:日本放浪中のため住所はありません!
身長:176cm

第一印象はどんな風に言われることが多いですか?
「スポーツマンだね」「しっかりしてるね」とよく言われます。

 ーご自身の性格をひとことで表すと?
「楽観的」だと思います!

趣味は何ですか?
音楽を聴くことが趣味です。仕事柄、日本のあちこちを旅していることが多いので、初めて行く土地で散歩したりランニングしながら音楽を聴いています。聴く音楽の種類はJポップ、洋楽、ジャズ、クラシックなど幅広いです。

最近の小さなマイブームは?
いい感じのカフェに本だけを持っていって、誰にも何にも邪魔されずに読書することです。

学生時代は何部でしたか
サッカー部でした!

ー幼い頃の夢は何でしたか?
プロサッカー選手です!

ーこれまで出演された作品や参加されたプロジェクトなどあれば教えてください。
幼稚園からサッカーを始め、全国大会優勝、そしてオーストラリアでプロサッカー選手として活動していました! 昨年までずっとサッカーしかしていませんでした。

ー所属事務所は?
所属しておりません!

人生のターニングポイントを教えてください。
オーストラリアでサッカー選手をしているときに、急にクラブのオーナーが家に来て、「イギリス人の新しい選手がチームに入ることになったから、今日からお前はいらない」とクビ(不当解雇)を宣告された瞬間です。
オーストラリアへは、サッカーだけをしに来ていたので、本当に頭が真っ白になって、色々な人に相談させていただき、「人に頼る」こと、「自分をさらけ出す」ということを覚えました。

ーターニングポイント前後では、環境以外に、萩原さんの内面で何か変化はありましたか?
オーストラリアに来てから自分なりに最大限努力はしていた「つもり」だったのですが、振り返ってみると改善点が多く見つかりました。その時その時で何がベストな努力なのかを見極め、かつ最大限努力することを意識するようになりました。
また、こんな僕ですら応援してくださる方が多くいたので、何かに挑戦することが怖くなくなったということもあります。逆に、挑戦していると苦しい時があるということが身をもって分かったからこそ、そういう立場にいる人は心から応援したいと思えるようになりました。

ー現在の活動について教えてください。
「モノゴト」という日本の伝統工芸の魅力を発信する活動をしています。
現在、大学の授業をオンラインで受けながら全国を回って、各地の職人さんを訪ね歩いています。
その中で、日本の伝統的なものづくりの美しさとカッコ良さ、そして職人さんたちの哲学や想いに魅せられて「モノゴト」を立ち上げました。
Instagramで日本の伝統工芸品を紹介したり、Youtubeで職人さん達のドキュメンタリーを公開したり、現在は職人さんと買い手を繋げるECのプラットフォームを作っています。

ー現在の活動を始めたきっかけは?
元々ずっとサッカー少年でありながら、小学生くらいの頃から日本のお城にハマって家族に全国のお城に連れていってもらったり、中学生の頃からは友人と盆栽にハマって近くの盆栽屋に入り浸って自分でも盆栽をしてみたりなど、昔から日本の伝統的な文化に興味がありました。
そんな中、大学生になり海外でサッカーをしたり、20カ国をバックパッカーで回ったりする中で改めて日本の文化の魅力に気づき、日本全国のものづくりの現場を回り始めたことがきっかけです。

ー世界を回っているとき、どのようなきっかけで日本の文化の魅力に気付きましたか?エピソードがあれば教えてください。
スペインに1ヶ月ほど奨学金をもらって留学していた時期があるのですが、その時にスペイン人の友達に言われた一言です。
「あなたたちの文化も人柄も大好きで、羨ましいよ!」と言ったところ、逆に彼から「私は日本の文化が最高だと思ってるし、あんなに独特で魅力的な文化は世界中どこ探しても見つからないよ!」と言われたことです。その人は日本の陶器が好きだったらしく、当時あまり詳しくなかった僕はひたすら熱弁を受けたのですがあまり分からなくて申し訳なかったことを覚えています。

ーサッカーから伝統工芸のジャンルに転身する時、葛藤などはありましたか?
葛藤はありました。プロのサッカー選手として一流を目指してオーストラリアに来たのに、志なかばで帰ることはいくら外的要因が一番の理由とはいえ、難しい決断でした。
しかし、日本の伝統工芸の魅力を国内外に伝えたいというサッカーの他にやりたいことができたことで、一旦はサッカーを辞めて伝統工芸の事業に力を注ぎたいなと思っています。
実はまだサッカーを諦めていなくて、35歳までにスペインかイギリスというサッカーの本場でセミプロサッカー選手として活動したいという野望は抱いています。そのとき、日本の文化を広げる仕事を現地でしつつ、サッカーを楽しめたら最高じゃんと思っています!

ー日頃、どんな想いで活動しているのか教えてください。
日本の若い世代の人は、どうしても日本の伝統的なものづくりが何となくダサいと思っていたり、カッコ悪いものであると思っている方が多いと感じています。
でも実は、日本全国に本当に美しくてカッコ良い日本の伝統的な工芸品がたくさんあります。
そして、その工芸品を作っている職人さんは自分のものづくりに対するプライドと、そのものづくりに対する圧倒的な想いと哲学があります。
そんな魅力的な日本の伝統的なものづくりを一人でも多くの方々に知っていただきたいと思い、活動しています。

ー最も印象深かったお仕事のエピソードを教えてください。
日本各地で半分飛び込み営業のような形で、職人さんや地域の方に訪ねて行くのですが、こんな何も知らない若輩者の私にもとても親切にしてくださる方が本当に多くいるということです。
どこから来たかも分からない大学生のために工房を見せてくださって、工芸品作りを体験させていただいたり、ご飯に連れてっていただいたり、飲みに連れてっていただいたり、何時間も工芸品やその歴史について教えていただいたりするのは、本当にありがたいことですし、その全てが印象に深く残っています。

ー目標としている人や憧れの人はいますか?
中田英寿さんです。
サッカー選手として、小さい頃からの憧れであり、サッカー選手を引退された今では日本全国を訪ね歩き、日本の魅力を国内外に発信しておられる方として憧れです。
圧倒的な知識と行動力、そして思考力、さらには予想するにコミュニケーションの取り方が凄く上手な方なのではないかと思っており、そこが魅力だと思います。
私はその全てで負けているかもしれませんが、これから肩を並べられるように努力していきます!

ー今年中にやり遂げたいことは?
「モノゴト」を法人化する予定なので、その会社をしっかりと回していくことです。幸いなことに、段々と関わっていただく方が増えてきたので、その全ての方が少しでも幸せになったり、喜んでいただけるような会社を作りたいです。

ー将来の目標や夢を教えてください。
日本や世界を飛び回りながら、日本の文化の魅力を多くの人に伝えていくことです。

もし宝くじがあたったらやりたいことは何ですか?
世界のものづくりを見て回りたいなと思っています。特にインドやアフリカなどの工芸品や、その土地にいるものづくりに携わっている人に会いにいきたいです!

ファンとの理想の「オフ会」は?
少人数で、お互いのことを深く知れるようなオフ会が良いのではないかと思います。

好きな女性のタイプは?
外見、内面、年齢など特にこだわりはないですが、自分にないものを持っている方が好きです。

ー好きな女性の仕草を教えてください
ご飯を作っている姿が素敵だと思います!

 理想のデートプランを教えてください
自分で決めることが多いです。お外デートはドライブで自然が溢れる海とか山へ行くアウトドアなもの、おうちデートは一緒にご飯を作って映画とかをゆっくり見るのがいいかなと思います。

好きな食べ物は何ですか?
好きな食べ物は名古屋出身ということもあり、味噌煮込みうどんです!

お酒を飲むのは好きですか?
一人で飲むことはしないですが、友人とお酒を飲みながら真面目な話もバカな話もするのは大好きです。好きなお酒は日本酒とワインです。

ーVitamin Dayの読者にひとことお願いします!
コロナ禍で4割が倒産危機と大ダメージを受けるも注目されていない伝統工芸を今後も継承していくことを目的として、「日本の伝統工芸を、救おう。」というテーマで、クラウドファンディングを行っています。
日本全国の美しくてカッコ良い工芸品に触れる良い機会だと思うので、応援宜しくお願い致します。カラフルで可愛い和蝋燭などはVitamin Dayの読者の方にすごくオススメです!

クラウドファンディング詳細はこちら

ーファンの皆様にひとことお願いします!
是非とも日本の文化や工芸に「モノゴト」の活動を通して興味を持ってくださると嬉しいです!

日本の素晴らしいものづくりの文化を守っていこうと志を持って行動を起こす雅之さんの姿は多くの人を突き動かすと思います。これからもVitaminDayは雅之さんの活動を応援していきます! 素敵なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!

萩原 雅之さんのSNSはこちら
Instagram     https://www.instagram.com/mono.goto/
Twitter    https://twitter.com/masahagiwara
Blog     https://camp-fire.jp/projects/405002
YouTube    https://www.youtube.com/channel/UCruumN37Z2nfw1UAqfyFPwQ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。