• HOME
  • 記事
  • その他
  • 【宮口 晃一さん】大好きなクラフトビールにいざなわれ、公務員からの大転換!ビール王子としてクラフトビールの魅力を伝え続ける!

【宮口 晃一さん】大好きなクラフトビールにいざなわれ、公務員からの大転換!ビール王子としてクラフトビールの魅力を伝え続ける!

その他

ビタミンは、生きるために必要な栄養素。『Vitamin Day』では、毎日を頑張る素敵な女性にとって「心のビタミン」になるような、前向きでパワー溢れる男性を紹介しています!

今回ご紹介するのは、クラフトビール専門店「Atta maruyama」の運営を初めとし、さまざまな活動を通してクラフトビールの普及に努める、ビール王子こと宮口 晃一さん!Vitamin DayのFusakoが宮口さんの魅力をお伝えします!

お名前(ふりがな):宮口 晃一(みやぐち こういち)
ニックネーム:ビール王子(ビアプリンス)
生年月日:1986年12月27日
血液型:B型
出身地:北海道
現在のお住まい:北海道
身長:170cm

ー第一印象はどんな風に言われることが多いですか?
「色素薄い」(笑)とか、「爽やか」と言われます。若く見られることが多いですね。

ーご自身の性格をひとことで表すと?
ほどよく適当、マイペースです。

ー趣味は何ですか?
飲み歩き、グルメ、旅行です。
ビールかどうかを問わずにお酒が好きなので、毎日なにかを飲んでいます。お酒、グルメは旅行とセットで考えてしまいます。旅先ではビール醸造所、酒蔵がある場所に足を運ぶことが多いです。建築物、景色の写真撮影や神社めぐりも旅の楽しみの1つです。

ー最近の小さなマイブームは?
このお酒にはどんなつまみが合うのかと常に考えてしまいます。

ー学生時代は何部でしたか?
高校時代は硬式テニス部でした。テニスの王子様が流行っていたので(笑)。入部したのは、友達がテニス部だったことが大きな理由です。

ー幼い頃の夢は何でしたか?
「公務員」と小学校の文集に書いていました。夢のない現実的な子です。そして、ちゃんと実現しています。

ーこれまで出演された作品や参加されたプロジェクトなどあれば教えてください。
公務員時代に札幌三越で開催された北海道のクラフトビールを集めた「北海道ビアトピア」というイベントを運営しました。他には、札幌・ポートランド市姉妹都市提携60周年パーティを主催。札幌とポートランドをオンラインでつなぎ、同時に同じビールで乾杯しました。

ー人生のターニングポイントを教えてください。
2つあります。
1つ目は小学校5年生のときに算数のテストで0点を取ったとき。あまりの悔しさに号泣し、自分の意思でサッカー少年団を辞め、塾に通いだしました。そのおかげで中学校のテストでは学年1位で、公務員試験に2度受かったのはこの時の財産のおかげです。
2つ目は公務員時代。3度目の異動で希望していない部署へいき、残り30年近く自分のやりたいことができない仕事で生きていきたくないと思いました。そこから別の業界の人に会ったり、イベントへ行くようになり、気づいたらクラフトビールにハマっていました。

ー公務員からクラフトビールの道へ、大転換をしたのですね!ちなみに、そもそもクラフトビールとはどういうものなのか、宮口さんならではの説明をお聞きしてもよろしいでしょうか?
実は日本にはクラフトビールの明確な定義はないんですよ。
僕なりに説明すると「小規模の醸造所で職人がこだわって作っている多様なビール」です。
現在では全国各地に500か所以上ありますよ。

ー現在の活動について教えてください。
クラフトビールの普及のために札幌の店舗「Atta maruyama」の運営、SNSでの発信をしています。
実は、ビールは世界に100種類以上あるのに、日本で一般的に飲まれているのはそのうち数種類なんですよ。フルーティなもの、酸味のあるものなどたくさんあるのに、一部のビールだけ飲んで「辛い、苦い」という理由でビールそのものを避けるのはもったいないと思います。僕の店でもビールは飲めないけど、クラフトビールなら飲めるという女性は多いですよ。
今後は全国のビールコミュニティづくり、47都道府県でのビールづくりをしたいですね。47都道府県にビール醸造所があります。それぞれの場所で特有のビールをつくることによって、地域のPR、クラフトビールの普及に繋げたいです。
「ヒト・モノ・コト」をビールで繋げる。「ビールが世界を豊かにする」を信念に活動し続けます。

ー現在の活動を始めたきっかけは?
先述した「北海道ビアトピア」のイベントを開催した時です。元々2018年10月に野外でクラフトビールイベント開催する予定だったのですが、9月に発生した「北海道胆振東部地震」の影響で中止になりました。諦めきれなかったプロジェクトメンバーの頑張りによって、札幌三越での開催が決まり、「復興支援」を新たにテーマに加えました。被災地のフルーツを使ったクラフトビールを作ったところ、大反響があり、イベントは大成功し、被災地の方々にも喜んでいただけました。この時にクラフトビールは「ヒト・モノ・コト」をつなげ、関わる人を幸せにできると感じました。

ークラフトビールにこんなにも人を惹きつける魅力があるのは何故なのでしょうか?
多様な味わいはもちろんですが、作っているヒトが見えたり、1つ1つのビールにストーリーがあるからではないでしょうか。
地元の大麦やフルーツを使う。まちおこしのため、自分の夢のために醸造所を立ち上げる。各地のデザイナーにラベルデザインをしてもらう。
関わる人が増え、それぞれに想いを乗せ、それを見ることができるのが素敵だと思います。

ーご自身が好きなクラフトビールをあえて3つ挙げるとすれば?
これは難しい!好きもありますが、印象に残っているビールを挙げますね。
①最初に感動したのは、小麦を使ったヴァイツェンビールです。バナナのような香り、小麦のまろやかさでフルーティなんです。
特に大山Gビール(鳥取県)のヴァイツェンはめちゃくちゃ美味しいです!
②月と太陽BREWING(札幌市)の厚真町産ハスカップを使ったビール「あつまみらい」
③Atta maruymaの1周年ビール「Atta IPA 一段目」。2022年4月16日の2周年に向けて、美深白樺ブルワリー(北海道美深町)で再び仕込んできましたよ!

ー宮口さんのSNSでは、さまざまなクラフトビールが紹介されており、思わず飲んでみたくなります。宮口さんがクラフトビールの魅力を伝えようとするときに、大切にしていることは何でしょうか?
わかりやすい表現で伝えること、作っている人・醸造所のことを伝えることです。
専門用語だと伝わりきらないので、飲む方が想像できる言葉に置き換えるようにしています。また、味だけではなく、そのビールの背景を伝えられるように意識しています。

ー日頃、どんな想いで活動しているのか教えてください。
ビールを飲む人が増えてほしいですね。そして、ビールを通してたくさんの人と関わりたいです。

ービールを通した今までの出会いの中で、最も心に残っている出会いについて教えてください。
愛知のビアバーでビールを飲んでいた時です。隣の方々と仲良くなったのでSNSを教え合ったのですが、相手の方が僕のSNSを既にフォローしてくれていたんです。オンラインで見ていただいていた方に、ビールを通して出会えたことに感動しました。
全国各地でこういった出会いをつくっていきたいです!

ー現在の活動を始めてから、最も苦労したことは何でしょうか?
体型維持です(笑)油断するとお腹が出てくるので、食事の量を調整しています。ビールの量は変えたくないので(笑)

ー最も印象深かったお仕事のエピソードを教えてください。
「Atta maruyama」の1周年記念にオリジナルビールを作り、そのビールを「美味しい」と飲んでいただけたときです。ビールの提供、発信がメインだったので、自分の作品のようなもので喜んでいただけるのは本当に嬉しいです。

ー目標としている人や憧れの人はいますか?
「SHOWROOM」の代表、前田裕二さんです。私は母子家庭だったのですが、前田さんの著書を読んだときに自分より過酷な人生だったのに、逆境を跳ね返して努力し続ける姿でファンになりました。東京の講演会にも行きましたよ。

ー今年中にやり遂げたいことは?
年始に8つの目標をつくりました。
1つ目にオリジナルビールづくり。
2つ目にビール王子でブランディングして突き抜ける。
3つ目にビールに関わることでお金を稼げるようになる。
4つ目にビールコミュニティをつくる。
5つ目にビールイベントをつくる。
6つ目にビールセミナー開催。
7つ目に全国のビアバーでイベント。
最後の8つ目にギネス世界記録をつくる。
たくさんありますね(笑)でも全部やります!

ー将来の目標や夢を教えてください。
世界1周ビールの旅です!ドイツ、ベルギー、チェコ、イギリス、アメリカは行きたいですね。

ーもし宝くじがあたったらやりたいことは何ですか?
もちろん世界1周!

ーファンとの理想の「オフ会」は?
100種類のビールを飲める会なんていかがでしょうか?ぜっっっっったいに美味しいビールに出会えます。なにより、ビールを飲むと気持ちがオープンになるので楽しい時間を過ごせること間違いありません。

ー好きな女性のタイプは?
かわいらしい感じで丸めの顔が好きですね。内面は明るく、いつでも笑わせてくれる方に惹かれます。家で勝手に踊りだすとか何をしでかすか分からない子がいいですね。僕が絶対にやらないので(笑)年齢は気にしません。

ー好きな女性の仕草を教えてください
仕草ではないですが、笑顔ですね。プレゼントした時に素直に喜んでくれると幸せな気持ちになります。

ー理想のデートプランを教えてください
デートは自分で決めます。外でしたら、ランチでスープカレーかオムライス、カフェや公園でゆっくりしてから夜は飲んだくれです(笑)店は相手の好みを聞いてちゃんと選びますよ!
おうちでしたら、自分でコーヒーを淹れて映画鑑賞。夜ご飯は一緒に料理がいいですね。

ー好きな食べ物は何ですか?
チーズ、ハンバーグ、スープカレー、スパイスカレー…子供みたいですね(笑)
お酒を飲むなら、いぶりがっこクリームチーズ、だし巻きたまご、白子です。
飲み物はビールはもちろん日本酒、ジンも大好きです。

ーお酒を飲むのは好きですか?
言うまでもなく大好きです!酔うとふにゃふにゃになってきて、最後は寝ます…。

ーVitamin Dayの読者にひとことお願いします!
ビールに対してネガティブな方が多いかもしれませんが、クラフトビールを飲んでみてほしいですね!ビールに対するイメージが変わること間違いありません!個別にビールについて解説、オススメビールをお伝えすることもできますよ!

ーファンの皆様にひとことお願いします!
繰り返しになりますが、クラフトビール飲んでみてください!あなたの近くのまちでも作られているはずですよ!
札幌に来た際はぜひ会いに来てください。美味しいビール紹介します!これから全国でイベントしていきますので、そちらに顔を出していただけたら嬉しいです!

公務員という仕事を辞し、クラフトビールに関わる仕事を選んだ宮口さん。インタビューを通して宮口さんから感じたことは、「本当にクラフトビールが好きで仕方がない」ということ。自分の好きなことを夢中でやっている方は、どんな時でも輝いています。素敵なお話を聞かせてくださり、ありがとうございました。

宮口 晃一さんのSNSはこちら
Instagram https://www.instagram.com/beer_prince
Twitter https://twitter.com/beer_prince_km
TikTok https://www.tiktok.com/@beer_prince_miyagucchi
Blog https://ameblo.jp/beer-prince
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCF3scBVYVFN6AqdacQ4edEA

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

公式LINE