• HOME
  • 記事
  • 起業家
  • 【SADAさん】俳優・映画監督やテレビ・ラジオのオーナーとして活躍中!主演映画『奇跡のクリスマス』にて最優秀主演俳優賞の受賞歴も!

【SADAさん】俳優・映画監督やテレビ・ラジオのオーナーとして活躍中!主演映画『奇跡のクリスマス』にて最優秀主演俳優賞の受賞歴も!

起業家

ビタミンは、生きるために必要な栄養素。『Vitamin Day』では、毎日を頑張る素敵な女性にとって「心のビタミン」になるような、前向きでパワー溢れる男性を紹介しています!

今回ご紹介するのは、俳優・映画監督やテレビ・ラジオのオーナーとしても活躍中!主演映画にて最優秀主演俳優賞の受賞歴も!多角的に事業を進めるSADAさん!Vitamin Day編集部のFUSAKOがSADAさんの魅力をお伝えします!

お名前:SADA(さだ)
ニックネーム:SADA
生年月日:1984年6月5日(現在36歳)
血液型:AB型
出身地:大阪府
現在のお住まい:東京都
身長:177cm

ー学生時代は何部でしたか?
野球部、ハンドボール部でした。

ー趣味・特技は?
ジュエリー、ファッション、トレーニング、殺陣、映画鑑賞、ヨーロッパの情報番組です。

ーご自身の性格を一言で表すと?
“こだわりが強い凝り性” ですかね!

ー第一印象はどんな風に言われることが多いですか?
「何かとにかく凄いですね」と言われます(笑)
どんな身分の方といつ社交の場になっても抜かり無い立ち振る舞いを心掛けていますので。

ー幼い頃の夢は何でしたか?
王様になることでした。

ー最近ハマっていることは?
宝飾メガネ制作です。最近は世界5大宝石を搭載した白甲メガネを作りました!

ーこれまで出演された作品や参加されたプロジェクトなどあれば教えてください。
俳優として、主演映画『奇跡のクリスマス』にて、国際映画祭のレッドカーペットで最優秀主演俳優賞を2度受賞しました!なお、映画本体は日本以外の50を超える国際映画祭で各賞にノミネートされ、20を超える受賞を果たしています。

経営者としては、地上波テレビ・ラジオ番組のオーナー事業を主に展開中です。台湾政府とタイアップし、政府からの招待で台湾でロケを行ったり、マレーシアでの「Japan Expo」とタイアップしたりするなど、国際展開も多いです。

ー初主演映画において、見事、最優秀主演俳優賞を受賞。初めて踏み入れる分野で、どうやったらここまで質の高いお仕事をすることができるのでしょうか?
受賞に関しては、完全に運です(笑)賞の偉大さに対して、僕の実力も努力も全く足りていません。

これは監督や皆様からのギフトだと考えています。ただ、このギフトを自分の将来や周りにバトンすることが使命であり、恩返しでもあると考えています。これによって生まれた世界とご縁は、僕についてきてくださる方々に責任を持って共有していきたいと心掛けています。

ー所属事務所は?
株式会社SAINT LAWRENCE(個人事務所)
株式会社スペリオライズ(パートナー所属事務所)

人生のターニングポイントを教えてください!
三つあります。

一つ目は、元々は23歳になる年に、友人が応募してくれた『ジュノンスーパーボーイコンテスト』の全国写メ投票を機にスカウトされ、東京に来ました。ここから全てが始まりました。

二つ目は、2018年での、フランスで初めて受賞した「国際映画祭」。社会人になってから初めての海外で、初めてのヨーロッパ、初めての国際映画祭、そして初めての受賞。これにより公私共に急激に海外へ視野が向くようになりました。

三つ目は、2019年の離婚。大好きな子ども達と一緒に過ごせなくなり、毎日の悲しみと喪失感と共に、まだやはり自分中心だった価値観が強烈に変わり始めました。

ー多くのターニングポイントを経験し、今のSADAさんの魅力が深く彩られていったのですね。そんなSADAさんの現在の活動を教えてください。
・アーティストとして、自身初の監督・脚本映画を制作
・外資系貿易企業(株)EXON R&D JP(ジャパン)アンバサダー就任
・会員制サロンの高級ビスポークテーラード&宝飾革バッグ・革小物デザイン
・世界的ファッションデザイナー「䯨 克也」氏と、海外富豪宝石商とのジュエリー事業
・各国大使館関係との国際交流企画
・デンタルクリニック、治療院、脱毛サロン等の提携による美容・健康事業フォロー
・出資先BARと香港大手飲食プラットフォームとのアライアンス展開及び経営フォロー
・海外でのメディアインフラによる教育慈善事業(2022年に移住してから本格スタート)

ー活動を始めたきっかけって何だったのでしょうか?
ジュノンを経ての業界入りでしたが、そこで感じたことは、名も無き俳優のヒエラルキーの低さです。第一線でご活躍されている諸先輩方はもちろん素晴らしいですが、YouTube等の自らで発信構築できる場所が少なかった当時は、それでも「使っていただく」という立場領域を出ないと感じました。

それなら、”両方あるほうが最強だ” と考え、起業して自社でテレビ番組を持つようになったんです。すると、名刺を持って来て下さる数と質がそれまでと比較にならない程に増えました。(いわゆる「掌返し」という状態も沢山起こりましたね笑)

今いただく多方面からの案件は、自身の趣味嗜好と特技、経歴、人脈で広がっていますが、その起点と肝はやはり「メディア所有者」であり、これによってアライアンスが極めて形成しやすくなっていると認識しています。

ー“自らメディア所有者になって、仕事を生み出していく” 素晴らしい発想と行動力ですね!SADAさんは、ご自身の作るメディアがどのようなものになってほしいと願われますか?
僕の経歴と矛盾しますが、今まで沢山の有名人とお付き合いしていたことで、逆に “露出はリスク” だと考えていた年数が長かったんです。

僕が発信を始めたのは本当に最近です。
SNSやYouTubeで「1人1メディア」と言われるほどに力を持つようになりましたよね。
そのためかTVなどの “既得権益性の強いマスメディア” を軽視する声が目立つようになりました。

確かにマスと個人のインフルエンス力格差は非常に小さくなったとは思います。
マスメディアも胡座を搔けなくなりました。
旧態依然をブチ壊して先進性も生まれました。

でもやはりテレビの影響は凄いですよ。例えばYouTubeが100万再生されると物凄いですが、テレビでいえば視聴率1%程の話だったりします。(一概に言えない要素が多いですが)

現状はマスと個人は “棲み分け要素” が強いですよね。
マスはコンプライアンスに拠る規制が非常に厳しいです。
これは巷間言われて久しいですが、思い切ったことが出来ない風潮です。

その反動なのか、個人メディアはもっと人間的で、編集も割合気楽で発信できます。

“気楽でリベラルな個人メディア” はもっと育って欲しいし、育つと思います。お互いのリベラルと社会的責任を育て合える関係になって欲しいなぁって思いますよね。少なくとも僕の作るメディアのコンセンサスは、そこを採択したいです。

ー慈善事業に関しては、どのようなきっかけで始められたのですか?
離婚して子供たちに満足に愛情を注いで自分で育ててあげることが出来なくなった時、非常に強い罪悪感を覚えました。

外やテレビで見る子どもたちを見て物思いに耽っていた時、海外で物乞いや集団スリをしようとしていた子どもたちを思い出し、“自分の子供はもちろん、何か世界の子供たちのために自分が出来る事はないのか” と考えるようになり、社会貢献事業として従事したいと考えるようになりました。

ー日頃、どんな想いで活動しているのか教えてください。
自分の全てを総合してクロス思考することで、「職業【俺】」というモデルケースを作りたいと思っています。

褒められたことばかりでなく、左団扇で生きて来たわけでもないので、同じ思いをしている人たちに “そんな自分でもこんなにカッコ良く生きられるんだ” という希望になりたいです。

ー最も印象深かったお仕事のエピソードを教えてください。
レッドカーペットのセレモニーで称賛され、世界中の才能と仲良くなれたこと。

日本ではいつも浮いていた自分の装いがカンヌから世界中で人気を博しているパリスヒルトン等のデザイナーに絶賛され、交流が始まったこと。

台湾で政府からの手配でSP・通訳・移動車・ホテル等全て手配して歓迎してくださり、中でも台中のホテルオーナーと意気投合して大切な友人になれたことなど、数え切れない程にあります。

ー本当にドラマティックな人生をこれまで歩まれてきたのですね……! 直近で印象的な出来事はありましたか?
そうですね、今年インドの国際映画祭でスペシャルゲストとして招待していただいたことで、宝石商とも仲良くなり、そこからの繋がりでインドの王女と結婚話が上がったことです(笑)

人の生涯で滅多に出来ないと思う体験を沢山させていただきましたが、何よりもそこから生まれる世界中の友人ができたことが嬉しく、ずっと心に残っています。

ー様々な場所で、全く異なる背景を持った方々と友人になれるのはSADAさんの人格があってこそだと思いました。SADAさんが、人間関係を築く上で大切にしていることがあれば教えてください。
一見、見当違いな回答に思われるかも知れませんが、人間関係を築く為の心掛けは “自分を高めること” です。
人は “鏡” です。自分にとっても、相手にとっても。もし僕が素晴らしい人間になれたら、目の前の相手も素晴らしい人間が集まってくれている。
あるいは今の友人たちも “素晴らしい人間に成長している” という論法と解釈です。
未だに自分に甘く、間違いと恥だらけの僕なのですが……でも、変わらない行動源泉はあるんです。それは “皆の誇りに思ってもらえる自分で在ること” です。
この2つの気持ちがあることで、自分なりに自分と同じように人を大切にしたいという心が生まれます。でも、ややもすると押し付けがましくなりますよね。
このバランスを未だに間違えることがある。これが僕の人間的課題です。
いつか「何も恥じることはない」と言える自分になりたいですね。もしそうなれたら、友人も皆が自分自身を愛せるようになっているはずですから。

ー“自分を高めること” が、人を大切にすることに繋がる。なるほど!確かに、自分をないがしろにしながら、人を大切にするのは難しいかもしれません。SADAさんが目標としている人や憧れの人はいますか?
ハリウッドスターの「ドウェイン・ジョンソン」です。僕には芸術で、その身一つのみでトップに上り詰める才能も実力も努力も足りていないので……。

ー今年中にやり遂げたいことはありますか?
一つ目は、来年クランクインさせるため、コロナでとにかく難しい映画撮影の準備を全て終わらせたいです。

二つ目は、世界5大宝石の宝飾メガネは作れたので、制作のラスト・集大成として、世界3大希少石+4大宝石+最高級の白甲鼈甲+金無垢という、誰も見たこともなく意味の分からないメガネを作りたいです(笑)

最後に、ターミネーターボディにまで鍛え上げたいです。

ー将来の目標や夢を教えてください。
まず、自分のこととしては、ヨーロッパで居住&観光の両面を備えた城を作りたいです。そこをホームに、日本では経済活動、海外ではアーティスト活動というかたちで、自分の好きな仕事や表現活動を気ままに続けていきたいですね。

二つ目に、世界のことでは、自分の子ども達のように寂しい思いをする子や、環境によって将来に希望が持てない子を減らし、希望を持って満足に生きていける世界を作っていきたいです。

ー愛に溢れるSADAさんの好きな女性のタイプを教えてください。
年々分からなくなってます(笑)昔は色々と好みに煩かったのですが……。今は女性がいてくれることで華やぐので、それだけで良いのかも知れません。

ー好きな女性の仕草を教えてください。
品や可愛らしさを感じる笑顔や髪のかき上げ方は素敵だと思います。

ー恋人とケンカしたとき、自分から謝るほうですか?
自分から謝ります。

ー理想のおうちデートを教えてください。
いっしょにいてお互いニコニコしながらお話ができたらそれで良いです。

ーVitamin Dayの読者にひとことお願いします!
女性が笑顔でいてくれるだけでも価値があります。僕らは笑顔になってもらえるように頑張るので、無理なく楽しい時は素直に笑って生きていてくれると嬉しいです。

ーファンの皆様にひとことお願いします!
僕の第二の人生。面白くなるのはこれからです。発信が苦手でずっと遅れていましたが、楽しみにしていてください。いつもありがとうございます。

お話を伺って印象的だったのは、SADAさんのその視座の高さです。一つの物事に対して深く考え抜き、決して手を抜かない。一つひとつの活動は、時に自由な発想に思えて、実は考え抜かれたもの。“自分を高める” ことが人を大切にすることに繋がると仰ったように、SADAさんの生き方を通して、どんな素敵な影響が周囲に広がっていくのか、とても楽しみです。お話を聞かせていただき、ありがとうございました!

SADAさんのSNSはコチラ
Instagram https://www.instagram.com/official_sadastagram/
Twitter https://mobile.twitter.com/sada65_official
TikTok https://vt.tiktok.com/ZSXQ3vB2/
Blog https://ameblo.jp/ready-ok/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UC97GW-sYCvXX-egFoNSh8kw

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。