• HOME
  • 記事
  • 忍者 , 文化
  • 【茶助さん】掛川城戦国おもてなし隊! 息子の忍たま桃ノ助と親子で掛川城を盛り上げるでござる!

【茶助さん】掛川城戦国おもてなし隊! 息子の忍たま桃ノ助と親子で掛川城を盛り上げるでござる!

忍者

ビタミンは、生きるために必要な栄養素。『Vitamin Day』では、毎日を頑張る素敵な女性にとって「心のビタミン」になるような、前向きでパワー溢れる男性を紹介しています!

今回ご紹介するのは、掛川城戦国おもてなし隊として、訪れた人々に案内をする忍者の茶助さん! 実は英語が堪能ということもあり、海外観光客からも人気がある茶助さんの魅力をVitamin DayのNanamiがお伝えします!

お名前(ふりがな):茶助(ちゃすけ)
血液型:B型
出身地:静岡県掛川市
現在のお住まい:静岡県掛川市
身長:168cm

第一印象はどんな風に言われることが多いですか?
「いきなり現れてビックリした!」と言われます。

 ーご自身の性格をひとことで表すと?
笑顔が多いタイプだと思います。笑顔が世界を平和にすると思っているので!

趣味は何ですか?
英会話と手裏剣投げです。

最近の小さなマイブームは?
毎晩、自作の抹茶ビールを飲むことです。

学生時代は何部でしたか
諜報部でした。

ー幼い頃の夢は何でしたか?
世界一の忍者になることでした!

ーこれまで出演された作品や参加されたプロジェクトなどあれば教えてください。
息子の忍たまである桃ノ助と、掛川城で忍者ボランティアガイドをしています。

( 桃ノ助くん)

ー所属事務所は?
所属はしておりません!

人生のターニングポイントを教えてください。
掛川城に来場されるお客様との出会いが、毎回ターニングポイントです。
お客様は、国籍も年齢も異なります。その方々たちとお話しをする中で、文化や考え方を学ぶことができ、毎回成長させていただいています。

ー最近、訪れた方々とふれあう中で成長したと感じることはありましたか?
ガイドをするにあたり、掛川城の歴史を勉強し始めました。地元のシンボルである掛川城であるにも関わらず、恥ずかしながら知らないことが多かったです。
ガイドをしていると、観光客から質問を受けることがあるのですが、最初のうちは質問に答えられなかったこともありました。そのときは、家に帰ってから歴史の勉強を繰り返していました。
そうすると、最近では観光客の方たちとの話が盛り上がり、ついつい話が長くなり足を止めさせてしまうこともあるくらいに、掛川城のことを話せるようになりました。
観光客の方々の笑顔に支えられて、日々成長させていただいております。

ー現在の活動について教えてください。
掛川城で親子忍者ガイドを勤めると共に、海外向けにInstagramで忍者の活動について投稿をしています。英語だけでなく、スペイン語やポルトガル語など様々な言語を用いて投稿し、世界中に日本の忍者について発信しています。
おかげさまでフォロワーも順調に増えております!

ー現在の活動を始めたきっかけは?
忍者活動を通して、“世界中の人を笑顔にすること”が私たちの目標です。
忍者になる前、「世界中の人を笑顔にするために、何ができるか」を考えていました。そんな時期に、息子と地元である掛川城を訪問した際、ある1人の忍者と出会いました。息子は目をキラキラさせ、喜びました。それを見て「これだ!」と思い、そのまま忍者の弟子入りを志願しました。

ー忍たまである桃ノ助くんは、修行を始めて何か変化したと感じることはありますか?
桃ノ助は本来、人前に出たり、目立つ行動をすることがあまり好きではない子どもでした。忍者の活動も、顔が出ていないからこそ始められました。
最初のうちは、私の後ろに隠れていることが多かったのですが、同じ年齢くらいの子どもや、ご年配の方々に人気があり、「カッコいい」「可愛い」と声をかけてくださるにつれて、桃ノ助も少しずつ自信が持てるようになってきました。
今では率先して、小さなお子さんにクナイの持ち方を教えているくらいで、忍者の活動を通じて、“人に貢献できることの喜び”を感じてくれていると思いますね。

茶介さんが最も大切にしている忍としてのルールはありますか?
素性を明かさないことです! よく年齢を聞かれますが、「江戸時代生まれ」と答えています。

ー日頃、どんな想いで活動しているのか教えてください。
忍者の存在は子どもや外国人観光客に、とても喜んでいただけます。その方たちの笑顔が私たちの活動のモチベーションです。
桃ノ助はまだ見習い忍者の忍たまですが、幼いながらに自分の活動が観光客の方たちに喜んでいただけていることを実感しています。桃ノ助にとっても、とても良い経験となっています。
私たちは観光客の方たちに、掛川城の歴史や忍者についての情報を紹介しています。特に私は英語が得意ですので、外国人の観光客に向けた英語のガイドが好評です。最近、息子の桃ノ助も少しずつではありますが、英語の勉強を始めました。他には、子どもに折り紙の手裏剣をお土産に渡したり、クナイの持ち方を教えてあげています。
掛川城は全国的に見てもあまり有名なお城ではありませんが、「おもてなしが素晴らしかった」と言っていただけるように心がけています。

ー掛川城の好きなところや魅力を教えてください。
実は、日本100名城の一つで、歴史あるお城です。
敷地内にある『二の丸御殿』は、日本に4つしかなく、江戸時代から現存するとても価値のある建物です。
また風情ある茶室もあり、そこではお茶を楽しむことができます。
そして、私の名前である『茶助』は掛川の名産の緑茶からとっています。

ー“おもてなし”をする際に意識していることはありますか?
忍者としてカッコいい存在でいることです。
歩き方、立ち振る舞いなど、子どもたちに憧れもらえるよう、カッコいい存在でいることを意識しています。

( 桃ノ助くん)

ー最も印象深かったお仕事のエピソードを教えてください。
私たちは、休日にボランティアとしてガイドを行っています。もちろん無給です。
ある日、お年を召したご婦人とその息子家族が観光にいらっしゃっていました。お城の階段は急なため、ご婦人はお城は登らずに下のベンチで休憩されていて、その間、私と桃ノ助でご婦人のお話し相手をしていました。
その後、帰り際にご婦人に記念撮影を頼まれて、3人で写真を撮らせていただき、帰り際にご婦人が「これで飲み物を買ってね」 と500円玉を桃ノ助の手にギュッと渡されました。もちろん桃ノ助は断りましたが、私は「快くいただきなさい」と桃ノ助に伝えましたが、桃ノ助は「どうしよう、どうしよう」と戸惑っていたので、「それは、桃ノ助の仕事に対するご婦人からのお礼だから快く受け取っていいんだよ。桃ノ助のおもてなしが素晴らしかった証拠だよ。」と伝えました。
桃ノ助にとって、感謝の気持ちやお金の大切さ、人との繋がりなど、大切なことを学ぶことができた日になったのではないかと思います。

ー目標としている人や憧れの人はいますか?
本当は、サンタクロースになりたかったので、もっと有名な忍者になって、いつの日かクリスマスの日に、赤い忍者の衣装で子供たちにプレゼントと幸せを配りたいです。

ー今年中にやり遂げたいことは?
今年3月にInstagramを始めましたので、年内にフォロワー数1万人を達成したいです。

ー将来の目標や夢を教えてください。
忍者として、世界中を飛び回りたいです。そして、世界中の人に笑顔を届けたいです。

もし宝くじがあたったらやりたいことは何ですか?
これは以前から桃ノ助と2人で相談していたのですが、山を買ってお城を建てたいです。
忍者屋敷をコンセプトにした、仕掛けだらけのお城です。忍者の修行ができて、子どもも大人も楽しんで喜ぶことができるテーマパークです。

ファンとの理想の「オフ会」は?
掛川城に観光に来ていただき、その方たちのガイドをすることが理想のオフ会です。

好きな女性のタイプは?
元掛川城主の山内一豊の妻である、千代殿です。

理想のデートプランを教えてください
手裏剣の練習デートですね。

好きな食べ物は何ですか?
茶助オリジナルの抹茶ビールです。

お酒を飲むのは好きですか?
抹茶ビールが大好きです!

ーVitamin Dayの読者にひとことお願いします!
忍者茶助と桃ノ助の応援をよろしくお願いいたします。

ーファンの皆様にひとことお願いします!
あなたからの任務依頼、お待ちしています!

息子である忍たまの桃ノ助くんと親子二人三脚で、掛川城と忍者の魅力を伝えながらも、訪れた人々をもてなす姿にとても温かい気持ちになりました。国や年齢、性別を越えて、世界中の人たちの笑顔を作るために、これからも頑張ってください! 素敵なお話をお聞かせいただき、ありがとうございました!

茶助さんのSNSはこちら
Instagram https://www.instagram.com/chasuke.matcha.ninja/

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

公式LINE