• HOME
  • 記事
  • ビジネス , 脚本家
  • 【川光 俊哉さん】作家・ボーカリスト・講師という幼少期の夢を全て叶え、多岐に渡って活躍をする表現者!

【川光 俊哉さん】作家・ボーカリスト・講師という幼少期の夢を全て叶え、多岐に渡って活躍をする表現者!

ビジネス

ビタミンは、生きるために必要な栄養素。『Vitamin Day』では、毎日を頑張る素敵な女性にとって「心のビタミン」になるような、前向きでパワー溢れる男性を紹介しています!

今回ご紹介するのは、太宰治賞 最終候補作に選出される実力派作家、ポストメタルバンド『lantanaquamara』ボーカル、そして大学の講師も勤める川光 俊哉さん! Vitamin DayのNanami川光 俊哉さんの魅力をお伝えします!

お名前(ふりがな):川光 俊哉(かわみつとしや)
生年月日:5月24日
血液型:B型
出身地:島根県
現在のお住まい:東京都練馬区
身長:171cm

第一印象はどんな風に言われることが多いですか?
変な人」とよく言われます。

 ーご自身の性格をひとことで表すと?
「楽天的」な性格だと思います。

趣味は何ですか?
読書です。
暇があれば、本を読んでいます。仕事と切り離せない趣味です。

最近の小さなマイブームは?
大学受験問題の古文を解くことです。

学生時代は何部でしたか
吹奏楽部に所属していました。
吹奏楽が強い部活動だったので、遠征でいろんな地方に行くことができました。ちなみに、フランスでも演奏したことがあります!

ー幼い頃の夢は何でしたか?
ミュージシャン・作家・先生になることでした。
すべての夢が叶いました。

ーこれまで出演された作品や参加されたプロジェクトなどあれば教えてください。
心理学・民俗学・宗教学・文学・音楽・歴史・演劇など、幅広い知識を活かし様々な分野で創作を行っています。
小説『夏の魔法と少年』が第24回太宰治賞 最終候補作に選出。小説『水族館で鬼ごっこ』が第6回林芙美子文学賞 最終候補作に選出。
2009年には、映像化・舞台化不可能とされてきた小説『神聖喜劇』(原作・大西巨人)を初舞台化を行い、翌年には、両国シアターXより招待を受け再演を果たす。
2013年以降、舞台『銀河英雄伝説』シリーズ他、商業演劇で脚本を手がける。
また、ポストメタルバンド『lantanaquamara』のボーカルを担当しています。

『lantanaquamara』の公式サイトはこちら

『lantanaquamara』のインタビュー記事はこちら

ー多岐に渡る活動は大変だと思いますが、その中でのやりがいや楽しさを教えてください。
構成など技術的な面で、他ジャンルから応用できるときは「おもしろい!」と感じます。大学の学生がライブを観に来てくれたときは、感無量でした。

ー所属事務所は?
株式会社ブルーエールに所属しています。
所属のきっかけは、所属脚本家である開沼豊さんの舞台を観劇したことでした。
ちなみに、ブルーエールの”ブルー”は『ブルーチーズ』のことを言い、『ブルーチーズ』のように「クセのある人間を求めている」とのことです。

株式会社ブルーエールの公式サイトはこちら

人生のターニングポイントを教えてください。
3度、人生のターニングポイントがあります。
1つ目は、中高生でハマったヴィジュアル系バンド。
2つ目は、20才のころに読んだ、夢野久作の代表作『ドグラ・マグラ』。
そして3つ目は、大学院修了前に入った事務所が人生のターニングポイントでした。

ー2つ目のターニングポイント、『ドグラ・マグラ』は俊哉さんのどんな影響を与えましたか?
「小説の自由さは、ほとんど無限である」と感じました。『最強のメディアは小説である』と今でも思います。

ー現在の活動について教えてください。
小説・脚本・ポストメタルバンド「lantanaquamara」のボーカル活動に加えて、二松学舎大学 国文学科の講師を勤めています。
最近では、小説の講評依頼が殺到しています!

ー現在の活動を始めたきっかけは?
学生時代に卒論と並行して小説を書き始めたことがきっかけです。

ー元々、執筆活動に興味があったのでしょうか?
小学生のころからシャーロックホームズなどをよく読んでいましたが、まさか仕事にするとは想像もしていませんでした。

ー日頃、どんな想いで活動しているのか教えてください。
「ぶれないように、魂までは売らないように」ということを大切にしています。

ー最も印象深かったお仕事のエピソードを教えてください。
舞台『銀河英雄伝説』で脚本を担当したとき、主演が河村隆一さんだったことです。
始めてCDを買った人とご一緒に仕事が出来るとは、夢にも思いませんでした。

ー目標としている人や憧れの人はいますか?
小説では、泉鏡花・ナボコフ。脚本では、三島由紀夫。音楽では、sukekiyo 京。
皆さん個性的なので、私も個性で勝負をしています。

ー将来の目標や夢を教えてください。
印税生活です!

もし宝くじがあたったらやりたいことは何ですか?
隠居して小説を書きたいと思います。

好きな女性のタイプは?
目と口が大きく、イグアナのような顔の女性をよく好きになります。

ー好きな女性の仕草を教えてください
仕草ではありませんが、八重歯が見える人は好きです。

お酒を飲むのは好きですか?
お酒は好きですが、現在はダイエット中のためビールは飲めません。

ーVitamin Dayの読者にひとことお願いします!
興味を持って、記事を読んでいただきありがとうございます!
小説を書きたい方、小説を書いたけどなんか違うと思っている方、ぜひご連絡ください!

小説やボーカリストとして自身を表現をするだけではなく、講師として人を育てるストイックさが伝わってきて、とても感慨深かったです。「ぶれないように、魂までは売らないように」という言葉がとても響きました! 素敵なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!

川光 俊哉さんのSNSはこちら
Twitter  https://twitter.com/TKawamitsu
Blog https://note.com/toshiyakawamitsu
YouTube https://youtu.be/07wXL_degmk

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。