• HOME
  • 記事
  • 俳優 , 芸能
  • 【湊 竜也さん】真田幸村に憧れる歴史好き新人俳優! 未来の自分のために全力で励むフレッシュさは必見!

【湊 竜也さん】真田幸村に憧れる歴史好き新人俳優! 未来の自分のために全力で励むフレッシュさは必見!

俳優

ビタミンは、生きるために必要な栄養素。『Vitamin Day』では、毎日を頑張る素敵な女性にとって「心のビタミン」になるような、前向きでパワー溢れる男性を紹介しています!

今回ご紹介するのは、現在公演中の舞台『いやとよ2022ver.』に出演中の湊 竜也さん! 舞台俳優、声優として今後の活躍が期待される湊さんの魅力をVitamin DayのNanamiがお伝えします!

お名前(ふりがな):湊 竜也(みなと りゅうや)
ニックネーム:りゅう、りゅうくん
ファンネーム:星が好きなので『竜星群』とかどうでしょう?
生年月日:2000年3月6日
血液型:O型
出身地:山口県
身長:180cm

第一印象はどんな風に言われることが多いですか?
何を考えているか分からない不思議な子」とよく言われます(笑)

 ーご自身の性格をひとことで表すと?
「猫」です!

趣味は何ですか?
趣味は一人旅です! 元々歴史が好きで、お城をみに行くことが大好きです!
最近はなかなか旅行に行けないので、家でSNSに投稿されているお城の写真を見て楽しんでいます(笑)

最近の小さなマイブームは?
タピオカを飲むことです!

学生時代は何部でしたか
高校ではアーチェリー部でした。
『秘密戦隊ゴレンジャー』のアオレンジャーが使っていたブルーアーチェリーに憧れて始めました。ロンドンオリンピックの銀メダリスト古川選手と一緒に練習して、ツーショットを撮ってもらったときはすごく嬉しかったです!

ー幼い頃の夢は何でしたか?
忍者です。でも大人になったら真逆の目立ちたがり屋になってました(笑)

ー所属事務所は?
『ウイントアーツ』です。ウイントアーツには事務所公演があり、同じ事務所の先輩や仲間たちと舞台に立てることが楽しそうだと思い所属を希望しました。
コロナ禍ということもあり、自分が所属してからはまだできていないので、いつ参加できるのかとても楽しみです! また、ウイントアーツの先輩方はジャンルを問わず活躍していらっしゃるので、自分もそうなりたいです。

『ウイントアーツ』の公式サイトはこちら

ー今後出演の作品をお聞かせください。
2022年4月13日(水)~17日(日)に、池袋シアターKASSAIで舞台『いやとよ2022ver.』に川淵という役で出演します。「かわぶち」じゃなくて「かわふち」ですよ! 初主演舞台なので是非観に来て欲しいです!

『いやとよ2022ver.』公式サイトはこちら

 

ー『いやとよ2022ver.』での見どころや役作りで頑張っている部分をお聞かせください!
見どころは沢山ありますが、強いてあげるなら主演3人の三角関係です! それぞれの想いが交錯して、3人の人生がものすごい速さで展開していきます。共感できるところもあると思うので、ぜひ一緒にもどかしい気持ちになってほしいです(笑)

人生のターニングポイントを教えてください。
2019年の初舞台です。自分が役者として多くのものが足りていないことに気付かされました。それがきっかけで、以前よりお芝居や演技に向き合えるようになった気がします。

具体的にどのような部分が足りていないと感じましたか?
相手との呼吸を合わせたり、お客さまに「どう見せたらこのシーンが分かりやすくなるか」など、舞台に立つための知識が全くなかったことに気が付きました。そこからは、舞台でお芝居をやるには何が必要か、本を読んだり実際に舞台を観劇して勉強しています。

ー現在の活動について教えてください。
現在は舞台を中心に活動しています。僕はアニメが大好きなので、2.5次元舞台に携わりたいです! 特にアクションが好きなので、アクションのある2.5次元作品に出演するため日々稽古に励んでいます!

ー現在の活動を始めたきっかけは?
アニメのキラキラした世界に憧れて、「その世界に入りたい」と思い声優の学校に入ったことがきっかけです。

ー元々は声優の世界から入られたんですね! 現在の活動の中心は舞台ということですが、舞台ならではの演じる楽しさを教えてください!
良い意味で何が起きるか分からないことです。映像やアニメは編集して完成されたものが、皆さんに届きますが、舞台は一回一回が違います。
同じセリフであっても、そのときの感情によって気持ちが変わったり、それを受けて相手も感情が変わったりします。
上手くいくときもあるし、そうじゃないときもありますが、それでもお客さんの前で毎回毎回一番を届けるために最後まで探求することを大切にしています。その上でお客さんが「今日の舞台が好きだった」「昨日のも好きだった」と言ってくださることが本当に嬉しいです!

ー日頃、どんな想いで活動しているのか教えてください。
お芝居を通して、皆さんの心を動かしたいです! お客さんが僕の演技を観て、「嬉しい」「悲しい」「楽しい」「感動した」と言ってもらえるように、僕にできることを精一杯やりきりたいと思ってます!

ー最も印象深かったお仕事のエピソードを教えてください。
やはり人生で初めて出演させていただいた作品ですね。
配信アプリのWebアニメ『いーすとけん。』のナレーションオーディションを行いました。僕の配信を見に来てくれるファンの方々と一緒に、初めての仕事を掴み取るという経験が今の僕を作っていると思います。
それを思い出す度、「人に支えられて、今の僕がここにいるんだ」という気持ちにさせてくれます。

ー『いーすとけん。』のオーディションで、どのような部分で「支えられた」と強く感じましたか?
毎日配信に来て、僕に時間を使ってくれたことです。イベント中、何度も長時間の配信をしていました。そんな中、みんな仕事や家事で疲れている中でも、僕に貴重な時間を使ってくれたことがとても嬉しくて、「なんとしても結果を出したい」と思いました。舞台「いやとよ 2022ver.」稽古風景

ー目標としている人や憧れの人はいますか?
憧れの人は戦国武将の真田 幸村です。最後まで自分の意思を貫き続けたその意志の固さ、そして男としての生き様に憧れています。僕の魅力は「自分の未来のために今できることを全力でやること」だと思います。これだけはこのまま一生貫き通したいと思っています。

ー今年中にやり遂げたいことは?
部屋の片付けを上手になることです(笑)

ー将来の目標や夢を教えてください。
将来は、アクション・ダンス・お芝居もできる、マルチ俳優になりたいです。そして、いつか真田 幸村を演じることが僕の夢です!

もし宝くじがあたったらやりたいことは何ですか?
お城を建てたいです! 『湊城』的な(笑)5階建てで中庭に桜を植えて、池もつくって、鯉を飼いたいですね。

ファンとの理想の「オフ会」は?
大好きなお城を僕が思う存分案内する、「完全湊竜也プロデュースお城見学ツアー」がやりたいです!!お城の外観の特徴とか、城主の歴史とか…皆さんに伝えたい魅力が沢山あります。1日でおさまるかな(笑)皆さんと一緒にお城トークができるようになれたら嬉しいです!

好きな女性のタイプは?
夢や目標に向かって一生懸命頑張ってる方が好きです。あと、一緒にいて沢山笑ってくれる人ですね

ー好きな女性の仕草を教えてください
目が合ったときに微笑まれるとキュンとします!

理想のデートプランを教えてください
外デートなら2人で行ったことがない場所に行って、沢山写真を撮りたいです! 2人で撮った写真を見せあって、お互いがどんな風に景色を見てるのかを知りたいです。
お家デートなら朝までゆっくりして、お互いの好きなテレビ番組や映画を沢山観たいです。
外でも家でも、お互いの好きなものを知っていきたいです。

好きな食べ物は何ですか?
好きな食べ物はハンバーグとオムライスです。人それぞれの作り方があるので、ハンバーグとオムライスは作って欲しいし作ってあげたいです!

お酒を飲むのは好きですか?
あまりお酒は飲めないので、カクテルが多いんですけどカシスオレンジが好きです! 酔うとすぐ眠くなって、いつも誰かの肩をかりるか壁に寄り添って寝てます(笑)

ーVitamin Dayの読者にひとことお願いします!
これからも沢山のことに挑戦していきたいと思います! 僕が頑張ることで皆さんの元気の素になれたらと思うので、是非注目していて下さい! いつも頑張っている皆さん本当にお疲れ様です。無理せずに毎日頑張って、疲れたらしっかり休んでくださいね。

ーファンの皆様にひとことお願いします!
いつも支えてくれてありがとう。僕が頑張れてるのはみんなのおかげです!
みんなが僕のビタミンになってます。もらってばかりだから、沢山の作品に出演してみんなに恩返しすることができたら僕は嬉しいです! まだまだ未熟者だけどこれからもよろしくお願いします!

取材を通して、自分に限界を決めず、俳優として全力で何事も挑もうとする熱い想いがとても伝わってきました。ファンの方と二人三脚で全力で挑む湊さんの夢が叶う日を楽しみにしています。素敵なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!

湊 竜也さんのSNSはこちら
Instagram https://www.instagram.com/minato_ryuya/
Twitter https://twitter.com/Minatu_ryu36

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

公式LINE