【mic-aloneライブレポ】響くハーモニーと歌詞、それぞれのキャラに魅了されちゃいました!

mic-alone
アーティスト

ビタミンは、生きるために必要な栄養素。『Vitamin Day』では、毎日を頑張る素敵な女性にとって「心のビタミン」になるような、前向きでパワー溢れる男性を紹介しています!

VitaminDayライターのすうです。
毎日1児の子を育てつつ犬と猫を愛で、平々凡々な日常を過ごしている私ですが、今回VitaminDay編集部に加入してなんと…。

男性の取材記事で取り上げさせていただいたmic-alone(マイクアローン)のライブ観覧にお邪魔させていただくことになりました!

mic-aloneとは?
関東・福島を中心に活躍中の4人組男性ハーモニーグループ
「mic-alone (マイクアローン) 」。
圧巻の「コーラスワーク」が魅力の一つ。
2023年1月福島・けんしん郡山文化センターでの初ホール公演は
チケットはソールドアウト。
7月には東京・Spotify O-EASTでも1,000人規模の単独公演に成功。
作詞作曲・コーラスアレンジまでクリエイティブに活動中!

マイクアローンとの出会い

マイクアローンを知ったのは、VitaminDayの取材がきっかけでした。
取材後、SNSでマイクアローン全員の情報を追いかけていた私。

「どうしてこんなに惹かれるのだろう」と考えたときに、まず思い浮かんだのはマイクアロ―ンのみなさんがSNSで丁寧に返信をくださることでした。

そしてメンバーの井野 利治さんがSNSで「喋りは苦手だけれど、歌なら伝えられる」という気持ちを投稿されていて、私も「喋りが苦手で、書くことを通して人とつながっている」という話をさせていただきました。
このやりとりをきっかけに、メンバー全員の内面を知りたいと思うように…。

そこで、まさかのライブ前日にライブ開催情報を発見!
ファン(通称:メレンゲ)のみなさんとの交流が深まっていたこともあり、是が非でもライブに行きたくて仕方ありませんでした。

ダメ元で取材のアポイントをいれたところ…なんと、事務所の方が「ぜひ書いてください!」と快諾してくれたのです!
トントン拍子で話が進み、編集部に快く送り出してもらった私。そして、9月10日(日)にマイクアロ―ンのライブ1部に飛び跳ねながら向かいました!

マイクアローンメンバーのご紹介!

まずは、マイクアローンを知らない方でもわかるように、メンバーのご紹介をさせてください!私の主観も入っておりますが、どうぞ大目に見てくださると嬉しいです。

笹山 太陽さん

メンバーカラーオレンジ。リーダー・コーラスアレンジ担当。
名前の通り、マイクアローンの行く先を照らす太陽的存在です。メレンゲさんからは「マイクアローンのお父さん的存在」とも言われていました!

ライブレポの打ち合わせをする際、「グループをより多くの方に知ってもらうためにはどうすればいいか」と経営者のような一面も垣間見ることができました。
太陽さんは、剛輝さん・翔真さん・利治さんに「ぜひ一緒に活動しないか」と声を手を差し伸べた人なんです。

ちょうどコロナウイルス流行の影響で活動が余儀なくされた最中のことだったと聞いています。
だからこそ、メンバーからの信頼の厚さを、ライブを通して強く感じました。

ステージに立つと、キラキラ輝いていて眩しくて…本当に本物の太陽をすら逆手にとるような太陽です。
後で写真を見ていただくと分かると思います…!

宗像 剛輝さん

メンバーカラーブルー。振り付け・演出担当。身長が180㎝と長身。

クールな表情で颯爽と歩く姿に「この彫刻刀のような完成度の高いお人が剛輝さん…?」と思わずひとりごとをつぶやいてしまうほど(まるで不審者)。高身長でスタイルが抜群でした。

真面目でクールな表情をしていると思いきや、MCで突如華麗に踊りを披露してしまうエンターテイナーな一面を持っている剛輝さん。

また、メレンゲの方に、「しょまくん(佐藤 翔真さん)と仲がすごくいいのよ」と聞いていたのですが、ライブ中にもその様子を拝見することができました。結果「愛しい…(崩れ落ちるすう)」と我を失うほど。
ライブ中に面白い動きをするのは、反則です…。

佐藤 翔真さん

メンバーカラーピンク。エース担当。

私が個人的に翔真さんに抱いている第一印象は儚げな人でした。
しかし、ライブを観覧した現在は『魅力爆発人』だと思っています。会場で実際に見てようやくその意味が分かりました(笑)

ライブ当日の空き時間に展示されていたパトカーの前でお縄になったお茶目な翔真さん。


「こっちにきちゃ(警察のお世話になっちゃ)だめだよ!」

その場にあるもので最大限、自身の魅力を出せる翔真さんはもはや『魅力が爆発』。
あんなに魅力が溢れる方にお会いしたのは初めてでした。詳しくはぜひSNSをご覧ください。

井野 利治さん

メンバーカラーグリーン。筋肉・ハイトーンボイス担当。

「井野さんはとても真面目で控えめな方」という印象でしたが、ライブが始まった途端に別人のようでした!利治さんの中でスイッチが入ると、ダンスや持ち前のハイトーンボイスから溢れんばかりの“ハルくんワールド”が全開。

歌を通して気持ちを表現する姿にもう感動しました…!

4色のハーモニーが会場を包んだ!

mic-aloneライブinイオンモール千葉ニュータウン
日程:2023年9月10日(日)
時間:第1部 LIVE 14:00~14:40/物販・撮影会 14:40~15:30
   第2部 LIVE 16:30~17:10/物販・撮影会 17:10~18:00
開場:イオンモール千葉ニュータウン コスモス広場

13時開場ということで、私もその時刻には現地にいようと車を走らせ向かいました。
昼食をとっている間に何か魅力的なシーンを逃してはならない!…とスターバックスで軽食をとって待機。

13時ぴったりに会場入りしましたが、観客席には複数の方がすでに待機しており「これは間違いなくメレンゲさん…!」と思い、どきどき。
私も空いている席に座りカメラのチェックや段取りをシュミレーションしていました。(結果この作業はまったく意味なかったのですが)

ライブが始まった14時。その頃には観客席は満席。立ち見している方もいるほど!

小さなお子様もいらしていて、私の横にいた親子連れが「かっこいいお兄さんたちだね」と言っていたので「マイクアローンさんって言って、ハモリがとにかくすごいんだよ!」とお節介おばさんをしていました(笑)

新曲『カラフル』がお披露目!

セットリストは次の5曲です。

1.Pretender(カバー)
2.ケセラセラ
3.カラフル
4.長い別れの途中で
5.生きるってこと
6.次の未来へ

『Pretender』のカバーから始まったライブ。3曲目には、新曲『カラフル』がお披露目されました。『カラフル』は、剛輝さんの音楽仲間『THE BENGSON PLAY』のおでぃさんに提供いただいた楽曲だそうです!

これまでの楽曲はメンバーの作詞作曲がほとんどでした。新曲『カラフル』は、おでぃさんによる楽曲提供とのことで、また新しいマイクアローンの色が見えたようで嬉しかったです。

おでぃさんの公式SNSはこちらから
Instagram https://instagram.com/ody_entertainment
X(旧:Twitter)https://x.com/ody_entertainer

すると太陽さんを中心に会場を盛り上げるアクションが!
手を叩いたり、腕を大きく揺らしたり。久しぶりにライブへ来た私は会場全体が一体となってゆく臨場感に「感情は生もの」という言葉を思い出しました。

マイクアローンの心を揺さぶりかけるハーモニーは、その場でしか味わえない生の感情を届けているのだと感じました。もう本当に感動で鳥肌が立ってしまいました。本当に心を揺さぶられたことを証明する…そんな感じです。

【ファン公認】剛輝さんと翔真さんは大の仲良し!

剛輝さんと翔真さんはとっても仲良し!ということをとらえた瞬間。
ニコニコ向かい合う神ショットを撮影でき、メレンゲとして達成感いっぱいでした(笑)

このシーンだけでなく剛輝さんと翔真さんは何度も視線を合わせお互いを見合うところが見受けられ、思わずにんまり(笑)

ハモリに入った剛輝さん。
その姿はさっきまでのお茶目さはまったくなし!
今回披露された剛輝さんのラップのカッコ良さったらなかったです!

「え!生でラップ聴けちゃうんですか!?」と思わず瞬きを繰り返しちゃいました。
優しい歌を書いているイメージが強かったので、ここで聴けると思っていなくて大興奮でした。

翔真さんもハモリに入ると本当に曲に溶け込んでいました。

3人の歌声を聴いて合わせるハモリは、言語化が難しいですが曲に深みと一体感を出すような…。
無意識にこちらも聴き入ってしまうような、歌声でしたね。

本物の太陽が霞むほど輝く太陽さん

太陽さんは、前回の千葉ニュータウンイオンモールでのステージに立つことができなかったので、「今回は4人で立てて本当に嬉しい!」と仰っていました。

今回、驚いたのは太陽さん作詞の『次の未来へ』と剛輝さん作詞の『生きるってこと』が曲目に入っていたことです!
「ライブレポを書かせてください!」とお願いした際に、マイクアローンの好きな曲を聞いてくださり、『次の未来へ』と『生きるってこと』をお伝えしました。

なんともまあ、情緒あふれた私。
「こういう状況の時に『次の未来へ』を聞いて励まされて、泣いちゃって…」と、私の身の上話を太陽さんに聞いてもらって申し訳なかったと反省しています。その話がきっかけでセットリストに入れていただいたのだと思います。ご対応いただきありがとうございます。

マイクアローンの奏でるハーモニーと歌詞。『次の未来へ』『生きるってこと』を聴いて今の現実に前を向いて向き合っていくことを後押ししてくださったことに、感謝しかありません。(このとき我慢してた涙が出ちゃって、カメラを回せませんでした…)

太陽さんは優しい方だと本当に実感しました。「太陽さんは、太陽そのもの」。
本物の太陽なんて霞むくらい眩しい太陽に出会えたと思いました。

利治さんとのSNSからリアルの交流で大パニック!

利治さんのスイッチが入った表情がこちら!

見てください!この眩しい表情と、画面越しでも伝わってくる「皆を楽しませたい!」「楽しんでいってほしい」「思いを表現したい!」そんな気持ちが伝わってきますよね!?
利治さんとはSNSでよくお話しさせていただいていたので、「きっとお会いしたら緊張しながらでもちょっとくらいお話しできるかな?」と思っていましたが…大間違い(笑)

カッコいいのは当然なんですけど、話しかけるには「お門違いじゃない!?」というくらい品もあって内心大パニックに。
恐らく、利治さんもやや緊張されていたと思います(本当に恐らく)。

会場にいるメレンゲのみなさんだけでなく、通りを渡る方々もどんどん足を止めてスマホをかまえている仕草をたくさん見かけて、ほっこりしました。

思いを伝えるために歌詞を曲作りをするその熱意…
太陽さん、剛輝さん、翔真さん、利治さん!みなさんの思い、届いていますよー!

マイクアローンは本当に歌詞が良すぎる

私が最も気持ちを惹かれたのは、その歌詞です。

その中でも『次の未来へ』や『生きるってこと』はもちろん、他の曲もまた違った色の個性が溢れていて、惹きつけられる曲ばかりです。新曲の『カラフル』もまさにそうでした。

ここは私の主観が強いので、きっと感じ方は違うかもしれません。その上で感じたことを書かせていただきます!

モノクロ線で描いた線を握りしめてみていた

考えてるのは未来のこと

ずっとここにいる必要はない
引用元:カラフル/マイクアローン

そんなフレーズから始まる曲は、絵と色彩、幼少期というテーマで書かれています。

最初は白黒の世界。モノクロの色がない世界ですよね、色がない世界だった。

こういう感覚ってどんな世代の方であろうと必ず経験があると思うんですね。子供のころ無邪気に書いた色鮮やかな色の景色を、大人になった今、私はちゃんと持っているだろうかって考えた時に、昔なりたくなかった大人になっていることに気がつきました。

遠くに行きたい。
いろんな経験をしたい。
いろんな物を見て感じたい。
いろんな人に出会って話を聞いてみたい。

そんな気持ちが強かった田舎育ちの幼い私。

子供のころは「責任を追わなくていい」と約束されたうえで自由はあまりないですよね。ですが大人になれば自分で自分を育てていくわけだから、責任を背負う代わりに自由があると思います。少なくとも私は大人になって自由を手にしているのに、子供のころの夢も期待も希望もなにも叶えようとしていませんでした。

よくある話ですが「いつか叶えばいいな」と思っているうちは、このモノクロの景色からは抜け出せない。でも考え方を変えれば、この灰色の景色の中にいつまでもいる必要なんてないですよね。

自分のことだけを見ていればいい状況じゃない方も多いでしょう。親御さんの介護をする人、働く人、子育てをする人、自分の道が正しいか分からず迷子になっている人…。

あらゆる人に響く曲だと私は思いました。
そんな曲が、マイクアローンにはたくさんあります。すごく真面目に語っちゃいましたが、マイクアローンの曲を聞くとき、ぜひ歌詞により注目してみてほしいです。

どんな色が見えてきますか?

ぜひVitaminDay編集部に教えてほしいと思います。
そしてその多くの方の色の話を、マイクアローンのみなさんとしてみたいなとひっそり思いました!

物販購入して写真とってもらっちゃった!

ライブ終了後、楽しみにしていた…物販と写真撮影!

一緒に写真撮ってもらうのは緊張しますね。VitaminDayの名を背負ってきていなかったらこんなにお話しできなかったかもしれません。(取材のお仕事はできるのになぜ)

「カメラどうしよう…」と思っていたら、迷うことなく利治さんが「撮りますよ〜」と私のスマホを預かってくれて、こんなに素敵に撮ってくださいました!さすがプロ…こんな素敵な人たちと一緒にいる自分が信じられない&そして申し訳ない…。

太陽さんがこのとき私をVitaminDayライターのすうであるということを、メレンゲの方、その他皆さんにご紹介してくださりまして…!
たくさんのメレンゲの方とお話しする機会を頂きました(本当にありがとうございます!)。

物販ではマイクアローンさん、皆さんのブロマイドを購入しました!

誰が良い?皆さんいいのだよ(心の叫び)!!!
私個人としては太陽さん、剛輝さん、翔真さん、利治さんそれぞれの内面で素敵な部分を発見する度に惹かれるので、全員お迎えしました。

私の推しの概念は顔はもちろんだけれど、それ以上に人間性や強く心にブレないものを持っている人なんだと思います。だから特定の1人にしぼれないんですね。

だって同じ人間なんてひとりもいないし、だからこそ、それぞれが輝いて見えるのだから!

ちなみに、物販でブロマイドを購入するとメンバーのおひとりからサインがもらえるとのこと。私は、一番最初にお話しさせていただいた井野 利治さんにお願いしました!

喋りが苦手だとSNSでお話していたことをずっと覚えていた私は、その話をさせてもらいました。私も喋りが得意ではなく、空回りばかりしてしまうので親近感があったのも理由の1つです。間近で見た利治さんのお目目がまあ眩しくて…親近感なんてわいてしまってごめんなさい!と心の中で反省会でした。

マイクアローンから、一言いただきました!

笹山 太陽さん

イオンモール千葉ニュータウンへお越しくださった皆様、そして、Vitamin Dayをご覧の皆様、いつも応援ありがとうございます!
当日は暑さの中、たくさんの方にマイクアローンのハーモニーを楽しんでいただけて嬉しかったです!うれしみちゃん♪♪
また皆様にお会いできることを楽しみにしています!
Vitamin Day 大好きです♪

井野 利治さん

Vitamin Dayをご覧の皆様、利治です♪
いつも応援ありがとうございます!
イオンモール千葉ニュータウンでのmic-aloneイベントを一緒に楽しんでくださった皆様と、大好きなVitamin Dayをご覧の皆様とまたお会いできることを楽しみにしています!

宗像 剛輝さん

イオンモール千葉ニュータウンへお越しいただいた皆様、Vitamin Dayをご覧の皆様、温かい応援ありがとうございます!
夏の暑さに負けないパフォーマンス、楽しんでいただけましたか?
また、熱い空間を作りに千葉ニュータウンに来られたらと思ってます!
その時は一緒に楽しみましょうね!!

佐藤 翔真さん

Vitamin Dayをご覧の皆様、mic-alone佐藤翔真です!
まだまだ残暑が残る中でしたが、イオンモール千葉ニュータウンでのフリーライブで我々のハーモニーをお届けできて幸せの極みです。
これからも進化を続けるmic-aloneの応援のほど宜しくお願いいたします!
I LOVE Vitamin Day!

VitaminDayすうとしても、一個人のメレンゲとしても応援したい

今回ライブレポを書くにあたって急な提案をしたにも関わらず、マイクアローンの所属事務所・エアプレイ様には寛大な対応をいただきありがとうございます。
直で見たマイクアローンさんが放つあの空気感はリアルな現場でないと伝わらないと思います。メレンゲやVitaminDay読者のみなさまにお会いし生の声が聴けたことも、マイクアローンさんが繋いでくれたご縁だと思っております。

そんなマイクアローンさん、すでに千葉ニュータウンイオンモールでの次のライブ開催が決定しているようです!とても良い反響があったそうです!私も嬉しい(笑)!

詳しくはぜひ、マイクアローンオフィシャルサイトからチェックしてください!

ぜひお近くでライブがある際は、行ってみてはいかがでしょうか?絶対に後悔しません!(笑)

mic-aloneの公式サイトはこちらから
オフィシャルサイト https://lit.link/micalone
Instagram https://www.instagram.com/mic_alone_/
Twitter https://twitter.com/mic_alone_
TikTok https://www.tiktok.com/@mic_alone_

 

すう

1,070 views

最近推しが結婚したので、けじめのお祝いケーキを食べました。 推しとの握手会で、つい子どもを前に出して子どもの話題をしてしまう自己肯定感低低めな文系女子。 私...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。