• HOME
  • 記事
  • モデル
  • 【上田 怜央さん】自分のブランドを立ち上げることが夢!ファッションが好きな気持ちが原動力となり活動中!

【上田 怜央さん】自分のブランドを立ち上げることが夢!ファッションが好きな気持ちが原動力となり活動中!

モデル

ビタミンは、生きるために必要な栄養素。『Vitamin Day』では、毎日を頑張る素敵な女性にとって「心のビタミン」になるような、前向きでパワー溢れる男性を紹介しています!

今回ご紹介するのは、インスタを中心にコーディネートを発信しているモデルの怜央さん!どんなコーデもセンス良く着こなしてしまう怜央さんの魅力をVitamin DayのYURIがお伝えします!

お名前(ふりがな):上田 怜央(うえだ れお)
ニックネーム:Reo
生年月日:2000年5月5日
血液型:O型
出身地:島根県
現在のお住まい:島根県
身長:171㎝

ー第一印象はどんな風に言われることが多いですか?
「怖い」と言われることが多いです。

ーご自身の性格をひとことで表すと?
元気だと思います!

ー趣味は何ですか?
服です。 今の活動をするようになってからは、自分の生活に欠かせない存在になりました。普段はネットやお店で服を見たり、調べたりして買っています。

ー最近の小さなマイブームは?
『なめこ栽培キット』です。

ー学生時代は何部でしたか?
ハンドボール部です。元々は個人スポーツをずっとやっていて、チームスポーツへの憧れと興味があり、知人からのお誘いをきっかけに始めました。試合中に得点を決めるも、シューズが脱げてそれを必死に探すという、かなり恥ずかしい経験があります(笑)

ー幼い頃の夢は何でしたか?
パティシエになりたかったです。

ー人生のターニングポイントを教えてください。
パティシエを辞めてから、今の会社の社長と知り合ったことです。一緒にお仕事をさせていただくようになってからは、たくさんの人との関わりがあり、色々と自由にさせてもらっています。それもあって、今の自分があるのかなと思います。

ー現在の活動について教えてください。
とにかく着たい服を着て、それを自分なりに着こなすことです。

ー現在の活動を始めたきっかけは?
何気なく投稿したコーデ投稿がきっかけです。他の投稿と比べ物にならないくらいの反響があり、今の活動をはじめました。

ー日頃、どんな想いで活動しているのか教えてください。
「今日は何着ようかな?」とワクワクしながらコーデを考え、終始ニコニコしながらやってます!

ー最も印象深かったお仕事のエピソードを教えてください。
初めて大手ブランドからの案件をいただいたことです。
企業の方々にも見てもらえたことがほんとに嬉しかったです!

ー今年中にやり遂げたいことは?
フォロワーを2500人達成したいです!

ー将来の目標や夢を教えてください。
自分のブランドを作ることです!

ーもし宝くじがあたったらやりたいことは何ですか?
奨学金の返済です。

ーファンとの理想の「オフ会」は?
機会があればフリーマーケットなどをしてみたいですね!

ー好きな女性のタイプは?
自分が良いなと思った人です。ノリが良くて、よく笑う人が好きですね。
年齢は20〜24歳くらいが良いです。

ー好きな女性の仕草を教えてください。
食事のとき口についたソースなどを舌でペロっと舐める仕草です。

ー理想のデートプランを教えてください。
場合によりますね。

ー好きな食べ物は何ですか?
いちご、桃、オムライス、ラーメンが好きです。

ーお酒を飲むのは好きですか?
好きです。特にビールが好きです。酔うといつもよりよく喋ります。

ーVitamin Dayの読者にひとことお願いします!
読んでいただきありがとうございました。
良かったら、僕のインスタのアカウントも見ていただけるとありがたいです!

怜央さんのインタビューから、本当に服が大好きなんだなと印象を受けました。
幼い頃からの夢でもあったパティシエから、今の活動に転身したことで自分自身の成長にも繋がったのですね。
怜央さんのコーデの写真は、どれも自分らしさを感じます。目標でもある自分のブランドができる日を楽しみにしています!素敵なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!

上田 怜央さんのSNSはこちら
Instagram https://www.instagram.com/ueda__.reo/

VitaminDay編集部

814,673 views

推し活は "心のビタミン" 。『推し』として夢に向かって頑張る男性や、その男性を応援する素敵な女性の推し活ライフに役立つ情報を発信しています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。