• HOME
  • 記事
  • インスタグラマー , スイーツ
  • 【スイーツ王子いでくん】あの歌姫へのアニバーサリーケーキも提供!年間1000超を食べ歩き、TV出演や商品プロデュースに講演も行う、SNS総フォロワー 5万人超のスイーツ男子インフルエンサー!

【スイーツ王子いでくん】あの歌姫へのアニバーサリーケーキも提供!年間1000超を食べ歩き、TV出演や商品プロデュースに講演も行う、SNS総フォロワー 5万人超のスイーツ男子インフルエンサー!

インスタグラマー

ビタミンは、生きるために必要な栄養素。『Vitamin Day』では、毎日を頑張る素敵な女性にとって「心のビタミン」になるような、前向きでパワー溢れる男性を紹介しています!

今回ご紹介するのは、年間1000超のスイーツ&グルメを食べ歩く、SNS総フォロワー 5万人超のインフルエンサーの「スイーツ王子いでくん」さん!有名百貨店や人気店とのコラボレーションイベントでは開店前からの大行列をつくり、浜崎あゆみさん、Gacktさんなどの著名人へのスイーツ提供と、幅広く活躍されています。Vitamin Dayのゆめみぃが、スイーツ王子いでくんさんの魅力をお伝えします!

お名前(ふりがな):スイーツ王子いでくん
出身地:神戸
現在のお住まい:東京・大阪
身長:176cm

ーご自身の性格をひとことで表すと?
うーん、「マイペース」ですかね。

ー趣味は何ですか?
カメラを持ってカフェを「お写んぽ」!

ー学生時代は何部でしたか?
特にやりたいことがなかったから、いわゆる帰宅部。

ー幼い頃の夢は何でしたか?
「3年B組 金八先生」に出演することでした。

ー現在の活動について教えてください。
スイーツに関するいろんな活動をしています。
Instagramでのスイーツに関する発信、TV番組やWEBメディア、Youtube企画への出演や、
企業や飲食店からのオファーでPRやメニュー開発も行っています。
また僕自身のコラボレーションメニューのプロデュースなども手がけています。
その他にも、ファッションブランドや音楽イベントなど、食の分野を超えたスイーツのコラボレーションコンテンツのディレクション、高校や専門学校など教育機関での講演、タレントやモデルといった著名人へのケータリングも行っています。
様々なところで活動させていただいております。
その他の活動も、スイーツの写真と一緒にインスタグラムのハイライトにてまとめているので、ぜひ覗いてみてください!

スイーツ王子/いでくんさんのインスタはこちら

ー現在の活動を始めたきっかけは?
女の子にモテようとカフェ巡りを始めたことです。
そこで出会うスイーツの魅力にいつのまにか惹き込まれたんです。
仕事で大きなストレスを抱えたときも、スイーツに癒されて救われました。
けれど”スイーツ=女子が楽しむもの”というイメージがまだまだ強いと感じました。
自分は、肩身を狭くしているであろう”スイーツ男子”たちのロールモデルになって、スイーツの魅力を発信したいと思ったんです。
そこからカメラを購入して、スイーツをSNSに投稿するようになりました。

ーインフルエンサー活動をされるまでは、どのようなお仕事をされていましたか?
ごく普通の会社員で営業職をしていました。ちなみに、トップセールス。

ー撮影しているカメラと編集ソフトは何を使用されていますか?
撮影はCanonの一眼レフカメラ、アプリはSnapseedでだいたいOK!

ー人生のターニングポイントを教えてください。
パティシエを目指していた子と出会ったことです。
その子は高校卒業後にアルバイトをして、パティシエになるため専門学校に通うお金を貯めていました。
自分は「なぜ、そこまでしてパティシエを目指そうと思ったの?」と思わず聞いたんです。
するとその子は「私はスイーツを食べているときに怒っている人や悲しそうにしている人を見たことがないです。
スイーツを食べているときはみんな笑顔じゃないですか?だから私はパティシエになりたいんです」と言って、自分はそんな言葉に鳥肌が立ちました。きっと一生忘れられない、このやりとり。
そんなきっかけで「スイーツを発信するインフルエンサーになりたい」と強く思うようになりました。

ー日頃、どんな想いで活動しているのか教えてください。
スイーツは心を満たし、笑顔をつくることができる、そう感じながら日々活動しています。
目の前にいる人を100%笑顔にできる仕事って、世の中にそう多くないと思います。が、スイーツに携わるその数少ない仕事の一つだと思います。
結婚式のウェディングケーキや誕生日のバースデーケーキはもちろん、自分へのご褒美に口にするコンビニで並んでいるスイーツだってそうですよね。

ー最も印象深かったお仕事のエピソードを教えてください。
浜崎あゆみさんにサプライズでデビュー20周年記念のツアー最終日にケーキを提供できたことです。
学生時代から好きだったアーティストさんだったので、お仕事の延長でお話をいただいたときは震えました。夢中で自分の好きなこと、やりたいことを頑張り続けていけば、1つ、また1つと夢や目標は実現していくと体感した出来事でした。

ースイーツを軸として幅広くご活躍されていますが、新たにやってみたいお仕事や企画はありますか?
やりたいことはたくさんあります!
もっとマスメディアやWEB、SNSなどたくさんの場面でスイーツを紹介したいです。
自分自身でもワクワクするようなキラキラしたスイーツを生み出していきたいですね。
また、都心部だけでなく地方でまだあまり知られていないスイーツも開拓して、共感できる作り手の想いのようなものも発信していきたいです。
そして、これらの活動でスイーツの発信力が大きくなれば、「スイーツを通してたくさんの人の行動を喚起させること」=「スイーツで経済を回すこと」=「スイーツに携わる人たちが豊かになること」=「より良いスイーツが新たに生まれること」という幸せな循環が生まれるのではと本気で思っています。

ーもし宝くじがあたったらやりたいことは何ですか?
両親の叶えたいこと、欲しいものに使いますかね。両親に恩返しというか。まだ、親孝行らしい親孝行が全然できてないですし。

ーファンとの理想の「オフ会」は?
自分がスイーツをプロデュースするので、皆さんでアフタヌーンティーとかが良いかなと思います。
キラキラしたスイーツ、ワクワクするスイーツで参加される方全員を「驚かし(おどろ菓子)」たいですね!
とにかく、スイーツを通した交流をしたいです!

ー好きな女性のタイプは?
笑顔がかわいい人です!

ー好きな女性の仕草を教えてください。
おいしそうに食べている表情と仕草ですね。

ー好きな食べ物は何ですか?
もちろん、スイーツです!(笑)
中でも好きなのは「ショートケーキ」「フィナンシェ」「パフェ」「アフタヌーンティーセット」ですかね。
それぞれ個性や世界観が作り手によって異なるのが楽しいです。

ー作ってもらいたい手料理、また作ってあげたい手料理はありますか?
作ってもらいたい手料理は、仕事柄外食が多いので、家庭的なお料理ですね。
作ってあげたいものは、作って欲しいものを言ってもらえれば、きっとなんでも作れると思ってます。得意料理があるわけではないんですけど(笑)

ーいでくんさんの「スイーツ男子な1日」の簡単なタイムスケジュールが知りたいです!
スイーツ男子な1日は、その前日の夜からはじまります!
前日の夜に、翌日巡るエリアのスイーツ情報をSNSなどでチェックして、お店の営業時間や混み具合、休業日をはじめ、どのルートで回れば効率的に回れるかを調べておきます。
せっかくお目当てのものを狙って行っても売り切れやお店がお休みだと、さみしくなりますから(笑)当日は気になったお店を中心に、朝から夕方まで食べ歩きます。1人で巡ることもあれば2、3人で巡ることもありますよ。

ースイーツを毎日食べているにも関わらず、スタイルが良く、驚いています。甘いものをたくさん食べても大丈夫なスタイル維持の秘訣があるのでしょうか?
特別に運動などはしていないのですが、食べ歩いた日のディナーは抜いたり、たくさんお水を飲んだりしています。
あと、2、3人で食べ歩くときはシェアして食べる量を調節しています。

ーお酒を飲むのは好きですか?
全く飲まないです(笑) スイーツ男子ってこういう人多くないですか?

ーVitamin Dayの読者にひとことお願いします!
当たり前の日常の中に、いつもの一日とはちょっぴりちがったひとコマで笑顔に。
Vitamin Dayに取り上げられている方々のような、毎日を頑張る素敵な女性にとって「心のビタミン」になる「スイーツ情報」を発信し続けられるように頑張っていきます!

ーファンの皆様にひとことお願いします!
いつも応援していただいて本当にありがとうございます。
今、自分がいろんなことにチャレンジさせていただけているのはSNSを通して応援していただいている方々のおかげです。
これからも応援していただけるように、これからもっともっと自分にしかできないこと、新しいチャレンジをし続けていきますので、よろしくお願いします!

美味しそうな数々のスイーツはもちろん、多方面で活躍しているいでくんに、魅了されました!その輝きには、「スイーツが大好き」「スイーツを通して人を笑顔にしたい」という気持ちがしっかりあることも伝わりました。自分自身の「好き」が人々の笑顔に繋がるのも本当にすごいことですよね。ちなみに私はヨダレが垂れそうです。素敵なお話を聞かせていただきありがとうございました!

いでくんさんのSNSはこちら
Instagram
https://www.instagram.com/idestagram_jp/
Twitter
https://twitter.com/idestagram_jp
Blog
https://creators.yahoo.co.jp/idekun

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

公式LINE