• HOME
  • 記事
  • 俳優
  • 【鈴木 浩文さん】今話題の映画にも多数出演中!感性を言葉で表現する物書きとしても活動中のハイスペックなマルチ俳優!

【鈴木 浩文さん】今話題の映画にも多数出演中!感性を言葉で表現する物書きとしても活動中のハイスペックなマルチ俳優!

俳優

ビタミンは、生きるために必要な栄養素。『Vitamin Day』では、毎日を頑張る素敵な女性にとって「心のビタミン」になるような、前向きでパワー溢れる男性を紹介しています!

今回ご紹介するのは、今話題の映画にも多数出演中!ご自身のInstagramでオリジナルの短編小説を綴るなど、感性を言葉で表現する物書きとしての一面も。マルチに活動するハイスペック俳優の鈴木 浩文さん!Vitamin Day編集長のYUIが鈴木さんの魅力をお伝えします!

お名前(ふりがな):鈴木 浩文(すずき ひろふみ)
ニックネーム:ひろ、ひろくん、ベーカリー、QP
生年月日:1988年11月3日(現在31歳)
血液型:B型
出身地:兵庫県
現在のお住まい:東京都
身長:166cm

ーニックネームのベーカリーの由来が気になります!(笑)
パン屋さんで働いていたからです(笑)大学生のときにパン屋さんで働いて、学校でもパンばかり食べていたので、友達にそう呼ばれ始めました。

今思えば「ベーカリー」って変なあだ名ですよね(笑)

ー私もパン屋さんで働いてましたー!(笑)学生時代は何部でしたか?
サッカー部、バレーボール部でした!

ー趣味・特技は何ですか?
小説を書くこと、マンガを読むこと、あとは動物の動画を観ることも好きです。

ー学生時代はスポーツに励み、小説を書かれるという一面もあるのですね!どういったジャンルの小説を書かれますか?
けっこう雑多にいろいろ書きます!

最近だと、インスタグラムで『妄想彼女』という短編を連載していました。「ぼく」と「ぼくにしか見えない妄想の彼女」との日々を書いたもので、これは全50話+外伝2本あります(笑)ぼくのInstagramを遡ってもらえれば出てきます。景色の写真や、二人でいるかのように彼女のぶんを空けてぼく一人で写った写真のときは、たぶんその小説の回です。良かったら一度読んでみて下さい!

“彼女” とのストーリーをInstagramでチェック!

ー読ませていただきました!言葉を紡ぐ人って独特の優しさと色気を感じます。これからも鈴木さんの感性から生まれる一つひとつの言葉やストーリーが楽しみです!ご自身の性格を一言で表すと?
価値観がはっきりしてる、意地っ張り、天邪鬼だと思います。

ー第一印象はどんな風に言われることが多いですか?
「優しそう」「笑顔が良い」「明るい」と言われることが多いです。

ー幼い頃の夢は何ですか?
「サッカー選手」と言っていた気がするけれど、でもそれは言っていただけで、たぶん本気でなろうとは思っていなかった気がします。

当時は、夢を聞かれたら「サッカーをやっているからサッカーって言えばいいか……」っていう感覚で、答えていたように思います。

ーこれまでの活動について教えてください。
映画は、『事故物件 恐い間取り』、『スマホを落としただけなのに〜囚われの殺人鬼〜』、『青くて、痛くて、脆い』、『窮鼠はチーズの夢を見る』などの作品に出演しています。

舞台は、『天元突破グレンラガン其ノ弐・其ノ参』など。ドラマは、『多加賀主水5』、『下町ロケット』などです。

その他、ABEMA『Love or Delete』、MBS『それって平気なの!?大調査』、情報番組『5時に夢中!』メルプリ(ゲスト)などにも出演させていただきました。

ーすごい!最近話題の映画などにも多数出演されていらっしゃいますね!撮影が同時進行で行われる時などありますか?これまで、役作りや気持ちの切り替えが難しく感じた場面などはありましたか?

そうですね、同時に進むときもあります。
役としての切り替えは、真反対の役のほうが案外しやすいですね。似たような役だと、逆に前の役をそのままにしてもそれなりに通じてしまったりもするんで、役としての違いをきちんと意識しないといけないなぁと、ぼくは感じています。

役作りだと……そうですね……。
たとえば、ある舞台でヒロインを好きになる役をやったときは、稽古場で隙をみつけては隣に行ったり、稽古から一緒に帰ったり、その子を携帯の待受画面にしたり。本当にその人を好きになるためにいろいろしましたね。

他にも、たとえば実在の人物、江戸川乱歩の役をやったときは、乱歩の作品を読むことはもちろん、乱歩の生涯、性格、癖、好き嫌いなど調べられるだけ調べ、史料館に行って現物を見てみたり、お墓参りに行ってみたり……こういうことがなんになるかは分かりませんが、役を演じる上での自分の自信にはなるし、説得力が増すように思います。

だから「難しい」というか「大変」という感じでしょうか? まぁそれが楽しくもあるんですけどね!

ー役作りって、役の人生と鈴木さんの人生が重なるとっても素敵な活動なんですね。

ー所属事務所は?
『ミシェルエンターテイメント』に所属しています。

ー人生のターニングポイントを教えてください。
銀行勤務を辞めたことです。

「親を悲しませたくなかったし、ここまで育ててもらった恩返しもしたかったし、これから親孝行をしていきたかった……だけど銀行を辞めるとそれができない。」「でも、一度しかない人生を自分のしたいように生きてみたい。」すごく悩みましたが、両親に打ち明けました。すると2人とも驚くほどあっさりと肯定してくれました。

「ふみの人生なんだから、私たちに気を遣う必要はないよ」「お前のしたいように生きたらえぇ」今のぼくがあるのは、このときのおかげです。

ーお父様、お母様は思っている以上に鈴木さんのことを想ってくださっていたのかもしれませんね。全部ひっくるめて鈴木さんの気持ちは伝わっていたのかもしれません。現在の活動について教えてください。
俳優をしています。

ー現在の活動を始めたきっかけは?
先の質問の答えと被る部分も多いのですが、

①まず銀行を辞めました。
②働いている期間ずっと毎日が楽しくなかったので、これから先の人生では楽しいことをやろうと漠然と考えました。
③そうしたら、高校の文化祭でみんなで劇をやったのが楽しかったなぁとふと思い出し、じゃあ一度お芝居をやってみよう! となりました。

「これも合わなかったらまた違うことをやればいいや」ってくらいの思いだったのですが、今のところ「銀行を辞めたこと」も「俳優になったこと」も後悔したことはないので、間違った選択ではなかったのだろうなと思います。

あとはこの仕事で方々に恩返しするだけです。

ー日頃、どんな想いで活動しているのか教えてください。
芸能活動としては「家族に恩返しをする」ことと、「友達が自慢できる人間になる」ことを思って活動しています。もっと広義だと、「他人になにを言われるかは関係ない。自分がどうしたいか」を思って生きています。

ー最も印象深かったお仕事のエピソードを教えてください。
ある舞台の千秋楽で、カーテンコールにスタンディングオベーションを浴びたことです。1000人ほどのお客さんから浴びる拍手はものすごい圧で、非常に印象に残っています。心にも体にも衝撃が走り、思わず涙が溢れるほどでした。

ー涙が溢れるほどの経験って人生を振り返っても数えるほどもないのではないかと思います。そういったかけがえのない瞬間がある人生って素敵ですよね。目標としている人や憧れの人はいますか?
堺 雅人さんと安田 顕さんです。堺雅人さんは、ぼくが一番最初に好きになった俳優です。そして安田顕さんは『TEAM NACS』という、ぼくの憧れのチームのメンバーのなかで、一番好きな俳優です。

ー今年中にやり遂げたいことは?
脚本家としても仕事をしたいです。まぁ今はすでに10月なので、さすがに来年になりそうですが(笑)今も、所属するユニットで舞台をやるときの脚本や、ラジオトークというアプリでラジオドラマの脚本を書いているのですが、目標としては俳優と脚本家の両立です。

ー将来の目標や夢を教えてください。
ぼくは『CoZaTo』という5人組の演劇ユニットを組んでいるのですが、このチームで番組を持つことと、CMに出ることが目標です。現在も毎週日曜日にYouTubeで、『CoZaTo』のバラエティ番組をアップしているので、良かったら観てみてください。また個人としては、自分の脚本で作品を撮ることも目標です。

YouTubeチャンネル『CoZaToプラス』はコチラ

ー好きな女性のタイプは?
内面は、温和な人、穏やかな人、親を大事にする人、あとは、マナーを守る人かな。外面は、背の小さい人。もちろん好きになるために上記が全部当て嵌まる必要はありません。なんだったら、ぼくはちょっとしたことですぐに好きになります。(笑)

ー好きな女性の仕草は?
なんだろう……パッと思いつかないですね……。

あ、ちょっと仕草とは違いますが、ぼくはコンビニで必要のないものをすぐに買ってしまうのですが、そういうときに「ダメだよー」とやんわり注意してくれる子がいいなぁと思います。(笑)

ーその時には気づかないこともあるけれど、そういう日常のシーンに意外と幸せって詰まってますよね。恋人とケンカしたとき、自分から謝るほうですか?
悪いと思えば謝るけど、思わなければ謝らない。……でもこれは普通ですかね? もっと言えば、ぼくは恋人だろうと友達だろうと権力者だろうと、悪いと思わなければ自分から謝ったりしません。

ー理想のおうちデートを教えてください。
それぞれでマンガを読んだり小説を読んだり、でしょうか。それで、たまに読んでるものについて喋ったり、疲れてきたら一緒に寝たりとか。ぼくはすごくインドアな人間なので、基本的に自発的に外出はしません。ずっとこのデートでも良いくらいかもしれません。(笑)

ーVitamin Dayの読者にひとことお願いします!
今回このように取り上げてもらって、とても嬉しく思います。『Vitamin Day』さんありがとうございます。

(こちらこそありがとうございます!)

ぼくのインタビューなんて誰が読みたいんだろう……と今でも思いますが、もしかしたら何かの縁で誰かのどこかに響くことがあるかもしれないと考え、今回このように話させて頂きました。読んで頂いたあなた、本当にありがとうございました!

しかしこういうインタビューは苦手で、自分でも面白みのないものになったなぁという自覚はあります。それはごめんなさい。(笑)もっと愛嬌のあるキャラで、良い男を気取って話そうともしたのですが……やはりぼくは自分を偽ったり、ごまをすったり、媚びたりということが嫌いな人間なので、そこは曲げられませんでした。(笑)

でも当然ですが、これはぼくの全てではなく単なる一面です。ドラマや映画、バラエティ番組、『CoZaTo』のYouTubeチャンネルなどを観てもらえれば、また違った側面の鈴木を観て頂けると思います。「なんで赤パン一丁なんだよ! 全然キャラが違うじゃねーか!」と感じられるかもしれませんが許してください。(笑)いろいろな側面が合わさってぼくです。(笑)

そしてこの「Vitamin Day」は、日々仕事に育児に忙しい、時間もなければ結婚など恋愛が難しい女性たちの「トキメキを感じたい」という声から生まれたと聞きました。ぼくのどこかの側面が、そんなみなさんのどこかの側面に響いて、毎日を頑張る素敵なみなさんのトキメキになってくれたら(ならないかなー。笑)良いなぁと思います。

長々とありがとうございました!

ーファンの皆様にひとことお願いします!
いつも応援していただいて、本当に本当にありがとうございます!知らないかもしれないですけど、たぶんみなさんが思っている倍は、ぼくにとって励みに、そして力になってます!!こんなぼくですが、これからもよろしくお願いします!!!

外の世界に見せる気さくで明るい雰囲気と、内の世界に秘める優しくて深い創造力、どちらも持ち合わせているからこそ、双方が照らし合い鈴木さんの魅力に繋がっているのだと思いました。鈴木さんの作品や舞台、ストーリーにこれからもたくさん触れさせてください!素敵なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!

鈴木 浩文さんのSNSはコチラ
Instagram https://www.instagram.com/hirofumisuzuki1103/?hl=ja
Twitter https://twitter.com/sukkun
YouTube https://www.youtube.com/channel/UC40Q_VbmITTSPT27QBtXtLQ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。