【星(シン)さん】待望の1st.アルバム『アイムアイ』リリース!「僕の20代を肯定してくれた」と語る想いとは?(前編)

アーティスト

ビタミンは、生きるために必要な栄養素。『Vitamin Day』では、毎日を頑張る素敵な女性にとって「心のビタミン」になるような、前向きでパワー溢れる男性を紹介しています!

2021年9月10日に(シン)さんの1st.アルバム『アイムアイ』がリリースされました。今回はアルバムリリースを記念して、Vitamin Day編集長MAYUが(シン)さんに、特別インタビュー! 1st.アルバム制作秘話から星さんの変化など、VitaminDayのためだけに語っていただいたエピソードを、前編・後編の豪華2本立てでお届けします。ぜひ、お楽しみください!

星さんの紹介記事はこちら

1st.アルバム『アイムアイ』
配信開始日:2021年9月10日
▼収録曲 全8曲▼
1.愛言葉
2.Dear Home
3.こんなにも好きなのに
4.Fairy Orange Pancake
5.恋の瞳
6.イチ~愛犬に贈る歌~
7.AQUA
8.フラワーマリアージュ

1st.アルバム『アイムアイ』ご購入・ダウンロードはこちらから

ー(MAYU)アルバム名「アイムアイ」に込めた想いを教えてください。
実は当初は全く違うタイトルのアルバムだったんです。2021年5月中旬だったと思います、既存の曲とこれから制作する曲の構想を考えていたときに「あ、これコンセプトアルバムにしたら面白いかも」と思ったのが始まりでした。既存の曲と冷静に向き合った時に1番表現したいのは「アイ」なんだなと。

ー今回のアルバムにとっての「アイ」とはどのようなものでしょうか?
日本語は面白いですよね。色んな漢字で「アイ」を表現できるし、英語表現やちょっとシャレな要素も入れると無数に「アイ」を散りばめることができる。全て説明するのは野暮(やぼ)なので、ぜひこのアルバムを聴いてくださった方に色々探してもらいたいのですが、”愛”、”哀”、”逢”、”隘”、”相”、”会”、”瞳”、”AI”、”無愛”、”動物愛”、”食べ物愛”など。

まだまだ色々な気持ちを詰め込んでいるアルバムです。よく僕自身を「アイ」と捉えていただくことが多いのですが、それでも全然構いません(笑) でもそれはまだまだ恐れ多く、僕の中での”アイ”自体が”曖昧”なものなんです。それも含めての”アイマイ”であり”アイムアイ”ですね(笑)

ー(MAYU)何かを創造することってすごく難しいことだと思っているのですが……普段曲を作り出すために何か気を使っていることはありますか?
実は僕、曲は一日何曲でも作ることができるんです。湧き出るようにメロディーが浮かんできます。アーティストの中には、詩から出てきて作曲に入る方も多いかと思いますが、僕の場合、詩より先にメロディーが出てくるタイプなんです。

ー(MAYU)メロディーはどのように頭の中に出てくるのですか?
これが不思議なのですが、寝ているときに夢でメロディーが出てくるんですよね。夢に出てくると、眠たいなか身体を起こして出てきたメロディーを忘れないようにボイスメモを録音しています。そしてまたすぐ寝てしまいます(笑)

ー(MAYU)本当にメロディーが降ってくるのですね……!メロディーを作るうえで意識していることはありますか?
みなさんの深層心理で好きになってもらえるようなメロディーを意識しています!

僕が小学生の時のことなのですが、初めてスピッツの『ロビンソン』を聴いたとき、本当に衝撃を受けました。初めて聴いたはずなのに聴いたことがあるような感覚になって。どこか神秘的な世界に飛ばされたような、そんな不思議で素敵な感覚でした。

僕は、みなさんにもそんな、郷愁を想わせる「シンパシーを感じてもらいたい」といつも考えています。

ー(MAYU)星さんの曲は日本人に親しみやすいメロディーのように感じます。洋楽系の曲は制作なさらないのですか?
僕は洋楽寄りの曲も頭に浮かぶのですが、やはり日本人に響く曲を作りたいんです。僕のこういった音楽へのこだわりの原点は僕の母親にあると思います。僕の母はNHKの歌のお姉さんで、幼少期から童謡をよく聴いていた環境にいました。童謡は僕のルーツであり、それをエッセンスとして取り入れながら自分独自の世界観をもっと確立して行きたいです。これはもう少し先の目標かもしれません。(笑)

ー(MAYU)音楽を作り、世に発信する上で、特に意識していることはありますか?
”自分自身が求めてるもの”と”聴いてくださる方々が求めてるもの”、そして”今の世の中が求めてるであろうもの”を常に意識しています。

ー(MAYU)興味深いです!”世の中が求めてるであろうもの”とはどのようなものだと考えていますか?
普段街中に音楽はありふれていますよね。そんなジャンルも世界観も違う多くの曲の中で、耳に入ってくる曲と入ってこない曲が確かに分かれているんです。「耳に入る曲と入らない曲の違いは?」「流行る曲と流行らない曲の違いとは?」そんなことを悶々と考えたとき、一つの答えが自分のなかに見つかりました。それは耳に入る曲には共通して、”説得力がある”ということです。だから誰かの心に響くのだと思います。

自分にはまだ足りていないことだと思っているので、もっとみなさんの心に届くような曲の制作ができるようにがんばります!

ー(MAYU)待望のファーストアルバムだったと思います。アルバムのリリースが決まったときのお気持ちを教えてください。
「本当に嬉しいなあ」って…。アルバムってずっと夢だったんです。作るからには中途半端なものを絶対的に作りたくなくて。僕は凄く熟考するタイプなのですが、その分制作にものすごく時間がかかるので(笑) 

エンジニアさんと一緒に、「ああでもないこうでもない」と途方もない時間を費やしてやっと1作目を制作できたこの喜びは、何物にも変え難いです。

やはり今作の楽曲が1曲でも無くなってしまったら絶対に違和感が生まれるし、この8曲だからこそ表現できる世界観があると思っていますので、リリースを実現できたことに非常に大きな喜びを感じています。

ー(MAYU)アルバム制作で大変だったエピソードを教えてください。
とにかく、自分との葛藤が多かったと思います。「自分がなにを表現したいのかわからない」「はたして自分は世の中に何を伝えたいんだろう」と自問自答をし続けました。

ー(MAYU)そうだったんですね。自問自答を繰り返し、何か答えは見えたのでしょうか。
今29歳で、20代の今の感性でしか書けないものはなんだろうと思った結果、出た答えがこのアルバムでした。”愛”、”哀”、”逢”、”隘”、”相”、”会”、”瞳”、”AI”、”無愛”、”動物愛”、”食べ物愛”といったいろんな”アイの形”を一つのアルバムにしたいと思ったんです。

20代前半、僕は社会から疎外されている感覚を持っていました。そんな中、「自分はこうやって生きていくんだ」と思わせてくれたのが今回のアルバムでした。このアルバムは僕の20代の約10年間の生き方を肯定してくれたような、僕に自信を持たせてくれた存在です。

ー(MAYU)星さんは曲を生み出すことと曲を届けることなら、どちらに重きを置いていますか?
……難しい質問ですね!(笑)改めてそれについて意識してみると、自分のなかに変化があったかもしれません。

Instagramのフォロワーが5年かけてやっと660人になったんです。そんな長い間かけた数字が去年の6月急激に伸びたんです。そのとき、「こんなにいろんな人が自分に興味を持ってくださるならもっと頑張ろう」と思えたんです(2021年10月15日現在フォロワー54,000人)。曲を聴いてもらって、コメントをいただくと「そういう見方があったんだ」と自分でも気づかない新しい発見があったり。その頃から「自分の曲を聴いてくださる方達のために作りたい」と思えるようになりました。

ー(MAYU)”変化”があったということは、最初はまた違った部分に価値を感じていたのでしょうか?
はい、最初から”誰かのために”作っていたわけではなくて、自分本意な時期もありました(笑)

2017年、1年間で曲を80曲作ったんです。実家でギターを片手にメロディーがどんどん出てきて。「自分って天才なんじゃないか?」なんて勝手に舞い上がっていました(笑)今思えば全くそんなことはないのですが、そのときに「自分を”シンガーソングライター”と名乗って良いんじゃないか」と思ったんです。その当時は”誰かのため”なんて一切思えなくて、ただただ自分本意だったけれど、あの時間があったからこそ自信がつき、今の自分に繋がったと今なら思えます。

ー(MAYU)なるほど、今の星さんが確立したのはそういった時代もあったからこそなのですね。今回のアルバムに昔作った曲は入っているのでしょうか?
今回のアルバムは昔作った曲と今作った曲とを大体半々くらいでできています。例えば『恋の瞳』は2017年の80曲の中の1つで4年前に制作したものですし、『フラワーマリアージュ』は今年に入って制作した出来たてほやほやの曲です。そんな、僕の変化も詰まったアルバムです。

ー(MAYU)ファーストアルバムのテーマを”アイ”にしようと思った理由を教えてください。
これは先ほどの質問で答えたことと重複してしまうかもしれませんが、今作の”アイ”の中でかなりのパーセンテージを締めるのは”愛”です。そして、僕自身すごく重い人間なんです(笑)全てにおいて愛が重めです(笑) 二十歳くらいの僕はは、無機質な美のような姿に憧れていましたが、今はどれだけ色濃く人間味を出せるかが30代に向けての目標ですね。その中でどうしても20代のうちに表現したかったことが”アイ”でした。言葉遊びも含め、色んな表現を駆使して歌詞を構成しています。そこも一緒に楽しんでいただけたらとても嬉しいです。

ー(MAYU)このアルバムにある曲のなかでもっとも星さんが気に入っているフレーズなどはありますか?
……1個ですよね?(笑)うーん…….。『こんなにも好きなのに』の「また僕だけが恋の渦でもがいている 君は知らないだろうな」のフレーズでしょうか。この歌詞が出てきたとき、心の中で「よっしゃ!」とガッツポーズをしました(笑)

これがまさに、僕の20代のテーマだなと思ったんです。20代、僕は長いことずっと片想いをしていて。そんな僕の20代を表してくれたフレーズだと思います。

歌詞だけでなく、メロディもお気に入りで、「シンガーを今後も続けたい」と思わせてくれたフレーズです!

前編では、星さんのアルバムへの想い、そして自身の活動におけるこだわりについて伺いました!
後編では、アルバム全8曲にフォーカスを当てて、それぞれの作品の誕生秘話をお伝えする予定です! 後編も、星さんの魅力や素敵なお人柄に触れられる内容ととなっていますので、ぜひお楽しみに。

星-シン-さんのSNSはコチラ
Instagram https://www.instagram.com/shin_star_01
Twitter mobile.twitter.com/shin_star_01
TikTok https://vt.tiktok.com/ZS4k6dNg/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCb8U3awI8JBsHAPVWeYOGfQ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。