• HOME
  • 記事
  • モデル , 芸能
  • 【まさむねさん】イギリスファッションに影響を受けた男子高校生! 日本を越えて世界を視野に入れるモデルの卵!

【まさむねさん】イギリスファッションに影響を受けた男子高校生! 日本を越えて世界を視野に入れるモデルの卵!

モデル

ビタミンは、生きるために必要な栄養素。『Vitamin Day』では、毎日を頑張る素敵な女性にとって「心のビタミン」になるような、前向きでパワー溢れる男性を紹介しています!

今回ご紹介するのは、世界で活躍するモデルを目指し、SNSでファッション情報を発信中のまさむねさん! イギリスのファッションに影響を受けたと語るまさむねさんの魅力をVitamin DayのNanamiがお伝えします!

お名前(ふりがな):わたのまさむね
ニックネーム:まさむね
生年月日:2004年9月18日
血液型:B型
出身地:神奈川
現在のお住まい:神奈川
身長:179cm

第一印象はどんな風に言われることが多いですか?
イケメン」と言われます!

 ーご自身の性格をひとことで表すと?
「マイペース」ですね。

趣味は何ですか?
ランニング、音楽、服、健康、スケボーが趣味です。
ランニングは、毎日2km走ることを欠かさずにやっています。
音楽は、ロックやHip-Hop、R&Bなど幅広く聴きます。最近はオアシスにハマっています。
服はジャンル問わず色々と着ます。音楽と同じく、イギリスの着こなしからアイデアを得ることが多いです。他には映画やコレクションのルックを参考にしています。
あとは、常に健康に気を遣っています。食事制限を行っていて、毎日トマトジュース、納豆、無添加のナッツ、ヨーグルトを食べるようにしてます。
スケボーは友達に誘われて始めたらハマりましたね。晴れていて暇なら、基本スケボーしかやりません(笑)

最近の小さなマイブームは?
『ストレンジャー・シングス』を観ることにハマっています。

学生時代は何部でしたか
バレー部でした。『ハイキュー‼』に憧れて入部しました!

ー幼い頃の夢は何でしたか?
世界一周をすることでした。

人生のターニングポイントを教えてください。
『イヴ・サンローラン』のスモーキング革命を知ったことです。それをきっかけに、心の底から洋服が好きになりました。彼の洋服を着るモデルに魅了され、モデルを志すようになりました。

ー現在の活動について教えてください。
TikTokやInstagramで僕の日常だけではなく、ファッションコーデを載せています。
また、フリーランスモデルとしても活動しているので、撮影の依頼など待ってます!

TikTokはこちら

Instagramはこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

まさむね(@masarnune)がシェアした投稿

ー現在の活動を始めたきっかけは?
モデルになる夢を叶えるためです。

ー日頃、どんな想いで活動しているのか教えてください。
“継続は力なり”という言葉を信じて活動しています。

ー目標としている人や憧れの人はいますか?
seidaiさんですね。彼の編集に毎回驚かされています。ファッションだけではなく、TikTokなどSNSの使い方は参考になることばかりです。

ー将来の目標や夢を教えてください。
国内だけではなく、世界的に活躍できるモデルになることです。

もし宝くじがあたったらやりたいことは何ですか?
世界一周旅行です!
死ぬまでには絶対に世界中の国に行きたいと思っているので、とりあえず世界一周します。
色々な価値観や自然など、新しいものに触れることが好きです。

ファンとの理想の「オフ会」は?
まずはファンが沢山できるように頑張ります!

好きな女性のタイプは?
鼻が高くて、とにかく美人の方です。内面はあまり子供過ぎなければ!

理想のデートプランを教えてください
フランスのサントロペでランチすることです!

好きな食べ物は何ですか?
寿司と焼肉です!

ーVitamin Dayの読者にひとことお願いします!
自分を高める向上心だけは誰にも負けません! 毎日精進していきますので、TikTokやInstagramのフォローよろしくお願いします!

自分の夢を解像度高く持ち、その夢を叶えるために行動し続けるまさむねさん! SNSだけではなく、ランウェイでキラキラと輝く姿が見れる日を楽しみにしています。素敵なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!

まさむねさんのSNSはこちら
Instagram https://www.instagram.com/masarnune/
TikTok www.tiktok.com/@watawatamodel

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

公式LINE